スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:177/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

転載 9(再)

 投稿者:K  投稿日:2007年 4月21日(土)22時30分2秒
  通報
         【転送熱望】もうガマンできない!広がる貧困

 日本社会にこれほどまでに「貧困」が広がっていながら、貧困に苦しむ当事者同士が分断されている状況があります。
 「ワーキング・プア」という言葉が社会的に認知されるなど、若年層を中心とした非正規雇用労働者の労働環境が劣悪だということが浸透しつつありますが、それが必ずしも体制変革の方向に向かわずに、「ワーキング・プアが増えているのだから生活保護基準を下げるべきだ」などというとんでもない暴論がまかり通っています。

 こういう状況を打ち破るためには、福祉や労働などの各分野がバラバラに闘っていてはだめで、各領域の活動家をつなぐネットワークを作っていく必要があります。
 下記の集会はそうした取り組みの端緒として非常に重要なものだと思います。

ぜひ転送・転載をお願いします。

///転送転載大歓迎///

 ■ もうガマンできない! 広がる貧困
―――人間らしい生活と労働の保障を求める3・24東京集会

■ 2007年3月24日(土)午後1時開場・1時30分開始・4時30分終了
■ 資料代¥500■
  先着順250人
■ 東京ウィメンズプラザホール 東京都渋谷区神宮前5-53-67


 日本社会に<貧困>が広がっています。
 人間らしい生活を送れなくなるまでに追い詰められた人々が増えています。
 雇用も福祉もずたずたにされて不安定となり、暮らしや社会そのものから「支え」が失われつつあります。
 ちょっとした失敗で果てしなく転がり落ちていってしまうような「底抜けの不安」にますます多くの人たちがさらされてきています。
 いつの間に日本はこのような社会になってしまったのでしょうか。
 このままいったら人々の暮らしはいったいどうなってしまうのでしょうか。
 もうガマンできない。このまま進んでいったら生活は破壊され、人間そのものが破壊されていってしまう--。
 その私たちの「声」と「叫び」を、広く社会に訴えます。

[集会の内容]
 □―――当事者の実態報告
  派遣・請負労働者/生活困窮フリーター/多重債務被害者/DV被害者/障害者/ホームレス/外国人労働者/年金・生活保護利用者等・・・それぞれの立場から
(*変更の場合があります)

 □―――シンポジウム
  赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事)/宇都宮健児(弁護士)/小島 茂(連合生活福祉局長)/三澤 了(NPO法人DPI日本会議議長)

コーディネーター・湯浅誠(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分

実行委員長■宇都宮健児(弁護士)
実行委員(2007年1月22日現在)
■赤石千衣子(しんぐるまざあず・ふぉーらむ、ふぇみん)/
井上正●ひろ(派遣労働ネットワーク)/
猪股正(弁護士)/
内山智絵 (東京都地域精神医療業務研究会)/
浦松祥子(「賃金と社会保障」)/
大平正巳(フリーター全般労組)/
小島茂(連合)/
川井理沙子(弁護士)/
河添誠(首都圏青年ユニオン)/
後閑一博(司法書士、ホームレス総合相談ネットワーク)/
木村朋子(東京都地域精神医療業務研究会)/
杉村宏(全国公的扶助研究会、法政大学教授)/
冨岡●●(●●●●)/
中野麻美(派遣労働ネットワーク)/
中村光男(便利屋あうん)/
西田幸奈(自立生活サポートセンター・もやい)/
野々村泰道(自治労東京支部)/
舟木浩(弁護士、全国生活保護裁判連絡会)/
三澤了(DPI日本会議)/
水島宏明(日本テレビ)/
もとやま●(アジア女性資料センター)/
森川清(弁護士、ホームレス総合相談ネットワーク)/
山本創(DPI日本会議)/
横山秀昭(全国公的扶助研究会)/
湯浅誠(自立生活サポートセンター・もやい)/
渡辺潤(全国公的扶助研究会)/
吉廣慶子(弁護士)/
山本志都(弁護士)/
雨宮処凛(作家)/
丸居明夫(東京ソー シャルワーク)

■問い合せ先 ℡048-862-0246、 Fax03-3401-3453
 
》記事一覧表示

新着順:177/590 《前のページ | 次のページ》
/590