スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:179/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3悪都議糾弾裁判判決、傍聴参加を!

 投稿者:増田都子  投稿日:2007年 4月13日(金)22時53分48秒
  通報
  こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です! 長文・重複ご容赦を!

●来る4月27日(金)午後1時15分、東京地裁627号法廷において、東京都の平和教育破壊攻撃に血道を上げてきた極右3悪都議(土屋たかゆき・古賀俊昭・田代ひろし)糾弾裁判の判決が出ます!(判決後、弁護士会館で集会予定)

 私を「偏向教師」と誹謗中傷するためだけに出版された彼らの俗悪本(展転社)を、「名誉毀損」で2002年12月25日に提訴してから既に5年の歳月が経っています。ことの起こりは、1997年6月以来の「足立16中事件」にありました。この事件は、97年に一母親が、私の中学社会科教員として当然である「地理・沖縄米軍基地」授業を『反米偏向』として教育内容に干渉し、己の子どもである女子生徒を社会科授業のみボイコットさせるなど武器にして振り回したあげく、子どもが不登校・転校に至ったため、それを私の授業のせいにしたことに端を発しました。

 そこに、この極右都議&産経右翼らが付け込んできたのです。その本質は、同年3月の足立12中における卒業式の「国歌斉唱」時に、教え子たちが一斉に不起立してしまった私の平和教育が、現在に至る都教委・右翼反動都議・産経新聞の攻撃の第一ターゲットだったことにあります。

 私は四面楚歌ならぬ八面楚歌・・・①一部右翼的保護者、②保身しか考えず、平然と真っ赤な嘘を吐き、書く校長・教頭、③都(区)教委、④土屋たかゆきら右翼都議、⑤産経新聞、⑥行政の犬になり下がった官僚裁判官、⑦所属組合員を売って恥じない都教組(全教)、⑧子どもが泣いたという浪花節にコロリと引っかかり、教育内容・方法に対して不当な干渉をしかけてきた一母親への屈服を迫った「人権派」弁護士・・・の中で、断固として闘ってきました(詳細は拙著『教育を破壊するのは誰だ!』社会評論社に)。

 特に迷惑だったのは⑦⑧の人々ですが、この人たちが私の足を引っ張ってくれている間に、都教委はズに乗って爆走し、悪名高い03年10月23日の「日の君・強制」通達による弾圧に至りました。この足立16中事件こそは、日本国憲法下で当然である平和教育に対する極右3悪都議・都教委・産経の三位一体攻撃の嚆矢であり、この前史への認識なくして、10・23通弾圧は本当には理解できないはずです。しかし、なお、全く自覚のない人々が多いようですが。

 さて、判決については、最高裁「君が代伴奏・強制、合憲」判決に見られるように、現在の官僚裁判官の下では予断を許しません。原告である私の発言を裁判長は制止することが多く、土屋にはしゃべりたいだけしゃべらせるなど、審理は偏頗な訴訟指揮が目立ちました。これに先立つ産経糾弾裁判では、判決に「増田は社会科教育において『日本の歴史の負の部分(侵略)をことさらに強調する教育を行った』のだから、『反日教育』と産経新聞に論評されてもしょうがない」というようなことを平然と書き込むような不適格裁判官たち!? が裁判官席に座っている現状があります。

 しかし、都教委が私の個人情報をこの3悪都議に漏洩していたことを違法として争った裁判では、東京高裁裁判官たちは「都教委の不法行為」と実に真っ当な判決を出してくれた事実もあるのです。この3悪都議糾弾裁判においては、3悪が都教委職員から手に入れた私の個人情報を該当本に載せたことに対する個人情報保護条例違反も争点で、この東京高裁判決文の以下は重要でしょう。

『本件情報提供を受けた本件議員らは都議会議員であり、議会及びその常任委員会には普通地方公共団体の事務に関する調査権限が認められてはいるが、その構成員たる議員には個人のプライバシーに該当する情報を法令の根拠に基づかずに収集する権限があると認めることができず、むしろ上記のとおり、本件個人情報の開示は個人情報保護条例10条及び11条に違反するというべきである』

 つまり、3都議は「個人のプライバシーに該当する情報を法令の根拠に基づかずに収集」し、都教委職員に『地公法の守秘義務違反を教唆扇動して、実行させた』ということです! 3悪は、都条例を制定する立場の都議会議員でありながら、都の条例破りを都の公務員に唆して実行させ手に入れた個人情報を、私を誹謗中傷するための俗悪本に、そのまま載せるなどしたわけで、最低でも、この部分だけは私が勝訴しなければならないはずですが・・・

 去る4月8日の都知事選では、都教委・3悪都議・産経による東京の教育破壊を、もう、これ以上許さないために、何よりも石原三選を阻止することを第一に優先しなければならなかったのですが、「反石原統一候補」を擁立することができなかったことは遺憾です。「反石原」を主張する者たちがバラバラで、他を攻撃していて(『赤旗』の浅野批判は目立ちましたが、浅野氏は特に吉田万三氏批判はしてなかったようですが)は「石原三選に利」するに決まっていました。

 しかし、愚痴を言っていても始まりません。一つ一つの裁判と闘いをシッカリ闘っていきましょう! 3悪側は百人以上を動員すると言っていたそうです。傍聴等ご支援を、ぜひ、お願いします!
 
》記事一覧表示

新着順:179/590 《前のページ | 次のページ》
/590