スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:228/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

pokoさんに 2

 投稿者:在日地球人  投稿日:2006年10月28日(土)00時16分11秒
  通報
   「美しい国」というフレーズとともに教育基本法を改悪しようとする勢力の土台には、内心の自由と民主主義の根本を破壊する危険な発想があります。

 ジャーナリストの北健一さんの最近の発言も、以下に抜粋し紹介してみますので、ご一読くださいますように。

 学習指導要領は法令の一種ですが、日本が法治国家である以上、上位法である憲
法、教育基本法に拘束され、それらの範囲内でしか効力は持ちません。内心の自由を
侵さず、教育が不当な支配に屈せず、また教育行政は教育の条件を整えるのが仕事、
という範囲内でのみ、「国旗・国歌について、指導する」ことができると解すべきで
す。

 そうすると、国旗・国歌についての指導には、当然、その歴史的役割や賛否の意
見、掲揚や斉唱の意味だけでなくそれを拒む権利なども含みうると考えられます。法
律で許されないことを、指導要領や通達、ないし職務命令で強行するのは「悪質な脱
法」というほかありません。

 何が美しい国かは、人によって考えが異なります。「君が代(国歌)を斉唱するこ
とが、美しい国となる」という考えでいう「斉唱」とは、「みんな揃って歌う」=
「歌わない人はいない」という趣旨と思われます。そうすると、君が代が好きでも嫌
いでもとにかく歌う=歌わせる、というのが「美しい」となります。

 こうした考え方は、個人の尊厳と内心の自由にもとづく近代民主主義社会には相容
れません。逆に、個人が国家に隷属し内心の自由を認めない体制には適合的です。そ
うした体制の例としては戦前の日本やナチス・ドイツ、スターリン時代のソ連などが
あげられ、最近では北朝鮮もそれに近いでしょう。

 つまり国民が一斉に国歌を歌い、歌わないことが許されない国が美しいという人
は、全体主義や独裁体制が美しいと思っているということになります。日本に住んで
いる市民が、日本を美しいと思うのは自由ですし、私も日本の自然や人情を美しいと
感じますが、権力者が「美しい国と思え」と押し付けるときには眉につばをつけたほ
うがいいでしょう。愛国心は悪党の最後の隠れ家といいますから。
 
》記事一覧表示

新着順:228/590 《前のページ | 次のページ》
/590