スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:296/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高校生さんへ。

 投稿者:mk  投稿日:2006年 5月11日(木)21時41分18秒
  通報
  私は2つの意味で国家が必要だと考えています。

一般論として、神ならぬ身の不完全な人間が集団で生活する以上、諍いや誤りは絶えません。
それを調整し、秩序と平和をもたらす仕組みが必要です。
それがない状態を「無政府状態」といい、不法行為がまかり通る社会的混乱状態です。

この言葉が示す通り、仕組みとして人間は未だ国家しか手にしていません。

「人治国家」とは情実人事や賄賂腐敗が横行する中国のような国家を指し、
「独裁国家」とは金正日に絶対服従の北朝鮮のような国を指します。
こんな不完全なものでも「国家単位」しか人間には方法が未だありません。
他に代替するものは無いからです。

また、ソクラテスが「悪法もまた法なり」と言って自ら法に殉じたように、
人間が生れ落ちて生きていくには、両親だけではなく両親の属する共同体に
多かれ少なかれ恩恵を受けるものです。
衣食住はもとより、言語、教育、インフラ。それらは自然に生えてくるものではなく、
共同体が共同体成員の為に作り上げ、継承してきたものです。
それらがあるからこそ、宇宙に毛皮も持たず裸で生れ落ちてきた人間が
次世代を継承していけるのです。

後者の意味において帰属意識が必要、というよりは
自然に抱くであろう感情が貴方の言う「愛国心」であると私は理解しました。

そこで思うのですが、そこから一歩進んで、
自らの共同体をより良くしていこう、という意識が必要ではないでしょうか。

所謂「右翼」は自らの共同体に対し無批判に肯定し、「左翼」は否定する傾向があり、
どちらも現実を見ていない、と司馬遼太郎氏は批判しています。

人間は完全ではありませんから、「自由・平等・博愛」も完全ではないでしょう。
理想を忘れず、同時に多岐にわたる現実を見据え、
先ず自らの共同体をより良くするために自分の出来る範囲で貢献しようとする
そのような視点が必要かと思います。
 
》記事一覧表示

新着順:296/590 《前のページ | 次のページ》
/590