スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:298/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

二度目の投稿となります

 投稿者:高校生  投稿日:2006年 5月 9日(火)03時49分59秒
  通報
  先日は誠にご丁寧な返信を頂き、有難う御座います。

私のイメージする国家とは、アイデンティティの担保の一つです。
人間は一人では生きて行けないけれども、無制限に多くの人間と連帯を
感じることは出来ないし、此方と彼方と分別するボーダーは必要であると思います。国民国家や民族の創出は、人間の形而上的発明品の中ではよくできているものであると思います。
アイデンティティや連帯感、帰属意識を抱かなくては
人間は生きていけないのではないですか?
それらは愛国心と表現することもできようかと思います。
(ナショナリズムと愛国心とは違うものだと説いた学者がアメリカにいますが
その方と同じような意味で「愛国心」という語を使っています。)
「愛国心」を手っ取り早く生み出す手段として、他国との敵対心、蔑視
同国内での差別などが利用されてきましたが、では
左翼と言われる方々のように「自由・平等・博愛」の精神で以ってすれば
これらの愚策はなくなるのでしょうか。
民主主義、自由、平等、という美名のもとに行われた
旧ソ連や現ロシアの惨劇や惨状はどう解釈したらよいのでしょうか。

人間は差別と区別を繰り返して自己を保っていると思ってしまいます。
 
》記事一覧表示

新着順:298/590 《前のページ | 次のページ》
/590