スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:308/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

竹島(独島)問題について

 投稿者:在日地球人  投稿日:2006年 4月30日(日)22時54分0秒
  通報 編集済
   http://toron.pepper.jp/jp/take/gimon.html は、かなり冷静によく整理されており、以下の言葉以上に私としても申し上げることはほとんどないのですが、
>「大切なのは竹島が日韓どちらの領土かを争うことではない。」(下條正男・拓殖大教授)
>「日本政府は固有領土論からいったん離れたうえで、はじめから議論を立て直す必要がある。両国が揚げ足を取るだけでは何ら生産的な結果は期待できない。互いに史料を出し、冷静に話し合う共通の土俵をつくることが必要だ」(内藤正中・島根大名誉教授)

*わが国の方でも産経や読売などは日頃から巧妙に 自国の主張と相手国の非を 自国民に衆知させることばかりに血道を上げている感さえありますが、日韓を問わずすべてのTV/新聞等のメディアは、一定の期間かなりのスペースを相手国に互いに譲り渡してあって、自国の冷静で節度ある主張を相手国の国民に互いに充分に理解してもらいあう、というような大胆な話し合いの土壌作りするといった度量と責務を負ってもらいたいものです。


 せっかくですので、さらにあえて付け加えさせていただきます。

「何よりもまず冷静に!」
 戦争前のこと、米国の業者が日本からの輸入品の電球の値段を見て悩んだそうです。これを売れば自分は儲かる、しかし米国の電球製造業は壊滅するだろうと。しかし、よく見直したら、それは一個の値段ではなく1ダースの値段であった、という。
 働き者の日本人の奴隷のように安すぎる労賃は、外では経済摩擦を起こし、中では貧しさのあまり内需が極端に小さい。高村光太郎が「命が安い」と嘆いた、人権も個人の尊厳も安すぎる文化。
 満州は日本の生命線だと言われ、死の物狂いの戦争にかり出されましたが、竹島や尖閣列島北方4島、などという規模どころか、満州も台湾も朝鮮も樺太・千島列島その他をも失って、日本は破滅しましたか?
 戦後の豊かさで証明された繁栄の生命線は、領土などではなく、農地解放と現憲法のもたらした、貧富の差からの解放と民主主義と平和、そして内需の拡大だったではないですか。死に物狂いで他国を侵略するより、絶対的天皇制こそ転覆させるべきではなかったのか。

 竹島の問題より、この国の雰囲気・文化が民主主義からどんどん遠のいて戦前の国粋主義に近づき、良心の自由と人権が軽視され 貧富の格差も再び戦前のように急速に開きつつある まさに右翼的な現況の方が、よほど深刻な問題だと私は思います。
 
》記事一覧表示

新着順:308/590 《前のページ | 次のページ》
/590