スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:331/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

理想を目指す方々へ

 投稿者:メール  投稿日:2006年 4月 5日(水)20時55分34秒
  通報
  私はこの言葉が大好きです。あなたの好きな言葉は何ですか?

 伝統とは選挙権の拡大と定義してよろしいのである。伝統とは、あらゆる階級のうち、もっとも陽の目を見ぬ階級、我らが祖先に投票権を与えることを意味するのである。死者の民主主義なのだ。単にたまたま生きて働いているというだけで、今の人間が投票権を独占するなどということは、生者の傲慢な寡頭政治以外の何者でもない。伝統はこれに屈服することを許さない。あらゆる民主主義は、いかなる人間といえども単に出生の偶然によって権利を奪われてはならぬと主張する。
                  -G.K.チェスタトン-

荒らしは最低ですよね。ほんと馬鹿な右翼ですw
 
    (共同管理者) 寡聞にしてチェスタトンは知りませんが、それほどの知性とは思えません。
大名が通るだけでぬかるみであろうが土下座するのも 男尊女卑も 当たり前と考えた時代の人々や、天皇のために死ぬことが国民の義務と考えた人々と、どのように民主主義を共有できるでしょうか。身分差等による不平等は当たり前という 人類が長く共有してきた発想の 伝統 を、根底からくつがえし、近代以後の人類史で初めて確立された 全ての個人の尊厳は等しいという民主主義の根本思想を受け入れ、根源的に発想し直さない限り、「多数決が民主主義」としか考えられない素朴さの罠からは抜けられず、このような着想を生むのだと思います。人間は、過去を正しく評価・取捨選択し 未来に向かって新しい伝統を創造できる主体なのです。考え直すチャンスを持たない死者よりも、未来の人類の投票権を考えたほうが、反民主主義や戦争や環境破壊や原発など、我々の時代の責任も見えてくるのではないでしょうか。乱文にて失礼しました。
 
》記事一覧表示

新着順:331/590 《前のページ | 次のページ》
/590