スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:390/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

東京都教職員人権侵害センターの実態(4

 投稿者:増田都子  投稿日:2005年11月 9日(水)21時47分31秒
  通報
  こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!
 目黒の東京都教職員研修センターというところは、件名のように看板を変えた方がいいのではないか? としか思えない実態があります。やっぱり「人権感覚の欠落」が、指導主事という「公務員の必須の資質」になっているのが、現在の「東京都教育委員会」ってところですかしら?

<東京都教職員研修センターにおける人権侵害の実態(4)>
                                                                                        05年11月7日
経営研修課長殿
O指導主事殿
                                             千代田区立九段中学校教諭・増田都子

本日、午前11時半頃、トイレに行こうとしたら、O指導主事(女性)より、「どこへ行くのか」と聞かれました。気持ち悪さに驚いて、その顔を凝視すると「トイレに行くのですか」とさらに聞かれ、その上、ここ418室では「部屋を出る時には必ず行き先を告げることになっている」と言われました。O指導主事の人権感覚の欠落には呆れるしかありませんが、このような「人権感覚の欠落」が、当センターにおいては「教育公務員の備えるべき資質」と考えられているのでしょうか?

以前、S指導主事(女性)により、418室では「ゴミ捨てに行く時も、トイレに行く時も、いちいち告げてから行くことになっているから、どこへ行くか言ってから行け」との、信じ難い人権侵害の言動を示されたことに対して、<東京都教職員研修センターにおける人権侵害の実態(1)>として、抗議文を「近藤精一・当研修センター所長宛」書いて○○研修部企画課長に提出しました。所長に届いたかどうかは分かりませんので、伊沢けい子都議に確認していただきましたが「要領を得なかった」ということでしたので、○○課長には、私の抗議文を近藤所長に提出していない可能性もあります。私としては「人権侵害の実態(2)」などの抗議文を書かなくてすむようにしていただきたいと考えたので、抗議文を提出したのですが・・・

それはさておき、事柄の性質からすれば信じがたい長時間のスッタモンダの末、○○企画課長及び○○統括指導主事からは、ようやく「ゴミ捨てや、トイレに行く時は、いちいち言わなくてもよい」という、「通常の人権感覚」さえあれば、ごく当然の返答を得ました。その際、この、もともとが都教委による「イヤガラセ人権侵害研修」として私・増田に強制されている本「研修時間中」に行われた、このS指導主事による人権侵害に対する抗議文に対して、○○課長より「研修時間中に記録し、抗議文を書いたから『服務違反』の『非違行為』に問われる可能性がある」と脅迫されるという<東京都教職員研修センターにおける人権侵害の実態(2)>の事態が出来しました。そこで、それに対して再び抗議文を提出し、公に発表しましたら「脅迫してないのに『脅迫した』と発表した」とさらなる「脅迫」を受ける、という<東京都教職員研修センターにおける人権侵害の実態(3)>という事態も出来しております。

ただ、その際、○○課長に私は「418室見張り番の指導主事たちに『ゴミ捨てに行く時もトイレに行く時も、いちいち告げてから行け』と言うように、指示を出しているのですか」と聞きましたら「そのような指示は出していない」と明言されました。しかし、私は「指示を出しているのでは?」と、強い疑念を持っていました。と言いますのは、SU研修生の中には、いちいち「すみません、トイレに行ってきます」と言い、帰ってきたら「すみません、帰りました」と言い、「ゴミ捨てに行ってきます」と、部屋の前数メートル先の、誰でもが見える所に行く方がいるからです。

本日のO指導主事の言動により、私の疑念は確信に変わりました。O指導主事は「いかに『418室』であるからといっても、部屋を出る時、トイレに行く時やゴミ捨てに行く時は、いちいち言わなくてもよい」という、「通常の人権感覚」さえあれば、ごく当然のことも「聞いてない」と、自信を持って明言しました。なお、その際、私が「あなたは、今、私に『トイレに行くのですか』と聞きましたね」と確認しましたら、ほんの数分前に自分の口から出した言葉も、かなりしばらく黙った後「覚えていません」と言いました。そして、私が、「じゃあ、あなたは『この部屋を出る時は、いちいち行き先を告げることになっている』と言いましたね」と言いましたら、今度は、「もう、応対しません」と言い、プイッと横を向いて無視する、という態度を示しました。私が「私の目を見て、きちんと答えなさい」「どうして、私の顔を見られないのですか」と何度言っても、頑なにプイッと横を向いたまま、私に正対しようとせず、今度は「記憶にあるかどうか」も答えることができない、という、信じがたい卑劣な態度を示しました。このような卑劣な態度を見ると、現場にあった時、生徒達に、どのような道徳教育をなさっていたのかと心配ですが、当センターにおいては、このような言動をとることが「教育公務員の資質である」と信じられているのでしょうか?

  そこで、もともとが都教委による「イヤガラセ人権侵害研修」として強制されている本「研修時間中」に、O指導主事によって実施された人権侵害という事態の出来に対して、「公務員としての資質の必須条件である人権尊重感覚を身に付けている」公務員であるはずの経営研修課長に要求します。全ての指導主事たちが、S指導主事やO指導主事たちのように「人権尊重感覚の欠落」を暴露することのないよう、以下の指示を配下の指導主事たちにハッキリと出してください。

(1)418室の「見張り番」の時、すべての研修生に対して、トイレに行く時やゴミ捨てに行く時も、言わせるような「人権感覚の欠落」を示すことのないようにすること

(2)418室のSU研修制達全員に対しても「トイレに行く時やゴミ捨てに行く時は、いちいち告げてから行かなくてもよい」と明言すること
 
》記事一覧表示

新着順:390/590 《前のページ | 次のページ》
/590