スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:403/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

右翼頭のいかれ具合(10/9加筆しました)

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年10月 7日(金)23時43分19秒
  通報 編集済
  増田先生の投稿に対して以下のような意見が寄せられました。
<自宅と研修所の往復に5時間とおっしゃいますが、民間では往復6時間かけて通勤している人たちも大勢います。この人たちは「常識的判断力」を有していないのですか?
とんでもない発言をされますね。まさに世間知らずなんですよ。もっと社会勉強して出直されたほうが良いと思います。>

 教養のない人間がえらそうに書く右翼頭の典型的な例です。岩波新書の「豊かさとは何か」だけでもいいから読んでほしいものです。生活重視のユーロでは緑の多い職住接近の都市づくりが成功しており通勤時間は30分以内が常識で、日本人の長い通勤時間は毎日旅行のつもりかと、呆れられて久しいのに。

 戦前の報道でも、低賃金長時間労働で働き、外では安すぎる商品のために貿易摩擦を起こし、内では低賃金のために内需は拡大せず、ますます気違いじみたダンピング輸出をする日本社会の状況に対して、どうして日本人はあんなに過酷な労働条件に甘んじて疑問も持たずにいられるのだ、という外国の労働界の辛らつな批判が寄せられていた記録が残っています。

 年間3万人を越える自殺者や 「カローシ(過労死)」という日本語がそのまま国際用語になっていたり 父親不在で家庭文化は崩壊 人口減に離婚激増 という異常事態にすら鈍感で無批判な、教養のない奴隷根性の右翼頭が、今も昔もこの国の文化を野蛮で貧弱低劣なものに引きずり落としています。彼らこそ亡国の民なのです。

 互いの足を引っ張り合い人権を軽視してまで我慢を強いるこの右翼的な奴隷根性こそが、
世界が羨む外貨準備と貿易黒字の大国だというのに、いまだに『人間を幸福にしない日本というシステム』(K・Ⅴ・ウォルフレン)の推進力なのです。

 他にも民主教育・主権者教育の意義もろくに考えもしないで『偏った教育』だの『給料を返上しろ』だの、同じ国民なのが情けなくなるような無知丸出しの意見まで寄せられ、この国の近未来を思うと哀しくてたまらなくなります。
 絶対的天皇制下の奴隷根性のままでいたいのなら、民主主義を育てようとする増田先生の授業をいくらでも批判して、勝手に改憲以前に戦前の時代へワープしてくれ。私たちは真の民主主義をこの国に育む豊かな未来に向けての努力に加担したいから。
 ホントに、ちっとは良い本をしっかり読んで、深く考えてから発言してほしいものです。


 この後以下のような投稿もありました。
<民主主義なら選挙で選ばれた政治家の忠告を聞きなさい!>
 あきれますね。このたわけた脳みそには、多数決=民主主義という単純な図式しか理解できていないのです。基本的人権の尊重こそ民主主義の最大の眼目だという基本が少しもわかっていない。こうゆうお馬鹿さんが、ヒットラーを支えて多数の力で大虐殺までしでかすのです。
 この国の選挙については、この掲示板の9月27日の二つの投稿をお読みなさい。

 さらに、こちらの姿勢を批判するのは良いにしても、だらだらとやたら長いだけで内容のないイメージ攻撃だけの空疎な投稿もありましたが、あいも変わらずきちんと読まないしっかり考えない果ての文章で、載せる気がしません。残念ながら、蛸壺に収まった蛸のような この国の異常事態に鈍感で無批判なおめでたくも哀れな感性が、確認できただけでした。
<私のような凡人には「通勤時間は有益な勉強の時間なのになぁ」としか考えられません。しかしながら通勤時間内にどれだけ多くの情報が詰め込まれるかは、個人次第なんですけどね。>これで反論のつもりではお話にならないです。

 ところで、皆さんの会社でも日常 大人に、トイレに行ったりゴミを捨てに行くのに、いちいち報告を求めたりしますか?

 またまたどえらく長い投稿がありましたが、共産主義国等の過ちをではどうして批判しないのか を繰り返しているだけの内容ですので、加筆で対応しておきます。
 ナチス以来の右翼の情報操作には慎重に対処したいとは思っていますが、もちろん北朝鮮であろうが中国であろうがアメリカであろうが、すべての人権抑圧に反対するのが、私の立場です。ただし、あなた方のようにむやみに他国を批判する前に、自らの国の戦争責任・公害輸出や熱帯林破壊責任(石弘之の「地球環境報告」をお読み下さい)、上にもそのごく一部を書きましたような批判すべき現況についてコメントするのが、話の順序だろうと思いますよ。スエーデンについての中公新書については、暇を見つけ近いうちに読んでおきたいと思います。岩波や中公は、友人が出版するに当たっても 典拠の細部にわたって厳しくチェックされ、情報操作が入る余地がない固い出版社ですので、信頼しています。
 
》記事一覧表示

新着順:403/590 《前のページ | 次のページ》
/590