スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:424/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

郵政民営化はブッシュ政権の陰謀

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 9月 5日(月)20時37分21秒
  通報 編集済
   高遠さんバッシングをやるような右寄りのニュースなので、あまり信用していなかったのですが、以下のような記事が配信されてきました。良識も見せるじゃない。やや見直したな。


郵政民営化はブッシュ政権の陰謀(説)
郵政民営化は何のためにやろうとしているのかと言う話を聞いた。これが正しい意見なのか、それとも根も葉もないことなのかは私にはわからない。しかし、実際にそのような考え方があると言うことは非常に面白い。だから、今回その話を説明してみよう。

郵便局には、郵便を集配する以外に郵便貯金という銀行のような機能がある。この郵便貯金にはなんと350兆円という預金がある。350兆円とは、15桁の数字。日本人口を1億人としても9桁。一人あたりの預金額が35万円という計算になる。平成15年の日本の国家予算が約 88兆円と言うことを考えると、この350兆円の規模が理解できる。また、米国の国家予算が250兆円であることからもこの金額の大きさはわかってもらえるだろう。

そして郵政が民営化された場合、この預金も民間に委託されることになる。そして民営化された郵便局を米国の国がバックに立った機関投資会社が買収したとしよう。そして、郵便局を手中に収めた米国企業は、350兆円を米国の国債を買ったとしたらどうなるか。そう、日本人の資産は米国国家の資金調達の手段として使われることになる。これが、ブッシュ政権が小泉首相に指示した内容だと言われているのだ。

最初にも書いたが、これが事実かどうかはわからない。しかし、資金を調達する手段としては、かなり手が込んでいます。この話を聞くまでは私は、郵政の民営化の意味を理解していませんでした。しかし、これなら理屈があうような。でも、もし郵政が民営化されて、外国企業に買収される前に国民が預金を引き出したらどうなるのでしょうか。その方が面白いように思います。

最後に私個人の意見を書かせていただきます。今米国ではハリケーン・カタリナのために何千にと言う人が亡くなり、何十万の人が全てを失っています。自然の力には勝てないのが事実。日本でも地震などの天災で多くの方々が苦しんでおられます。そのような事に対処するのが政府の仕事です。今回の民営化に関しても、利権ばかりで、本来の政府の仕事ではありません。みんなが安心して暮らせる、それを保証するのが政府。今の日本政府、アメリカもそうですが、基本を忘れているように思います。
 
》記事一覧表示

新着順:424/590 《前のページ | 次のページ》
/590