スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:485/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

詩2編

 投稿者:さまよふ海月  投稿日:2005年 1月17日(月)13時39分8秒
  通報
  1「花の騎士の言葉」 

 
 たとえ どのように強大で恐ろしい敵を 打ち負かしても
 それが どのような輝かしい勝利 であったとしても
 そこに 愛がなければ 何の意味もない…


今 君は 

若き友よ

高く 飛べ

より遠く より多く
見るために そして

大地の深さを
知るために…



2「弥勒」 


人もまた 自然なら 何ゆえ かくも 痛ましいのか


56億7千万年後に すべての衆生を救うために 弥勒は現れるという

この痛ましさは どうしても 救われねばならない
だから 必ずや いつか 弥勒は現れるだろう

いつか必ずや現れ いつか必ず救われることが 確実なら

弥勒が現れるか 現れないか 
もはや どうでもよい…

だから 弥勒は 現れなくともよいし
私は 弥勒の出現を信じないでいられる


これが 私の 信仰です
とても 奇妙 でしょう?



 
》記事一覧表示

新着順:485/590 《前のページ | 次のページ》
/590