スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:49/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

当初から設計に「もろさ」

 投稿者:在日地球人  投稿日:2011年 4月 1日(金)23時50分9秒
  通報
   福島第1原子炉マーク1 販売優先で問題封印  米設計者証言
   東電によると、福島第1原発は、GE(ゼネラル・エレクトリック)が、60年代に開発した「マーク1」と呼ばれる沸騰水型軽水炉を6基中5基使っている。設計したのが、デール・ブライデンバー氏。退職後、20年程、原発コンサルタントとして働き、現在は引退している。毎日新聞の取材に応じて、原子炉格納容器について、「設計に特有の脆弱さがあった」と指摘。 GEでマーク1の安全評価を検討する責任者となった氏は、75年頃、炉内から冷却水が失われると耐えられない設計であることが判り、操業中の同型炉を停止させる議論をおこした。上司は、「(電力会社に)操業続行させなければGEの原子炉が売れなくなる」と議論を封印した。退職後、米議会で危険を証言、改善補修され、福島第1原発にも反映されたが、「基本設計に、水素爆発に耐えられる強度はない。さらに、電気設備の一部を原子炉格納容器の地下に置くなど、複数の重大なミスも重なっている」と分析した。 毎日新聞夕刊3.30.2011

   津波対策 不足を認める―東電会長
 3月31日の報道で、東電会長が「1~4号機の廃炉を明記」(官房長官はプラ
ス5、6号機も廃炉になる認識を表明した。)
 同時に東電会長は福島第一原発の津波対策に関しては「不十分だったと思う」
と述べた。東電のトップが、今回の原発大震災の根本原因=津波対策の全くの不
十分さ=冷却のための非常用ディーゼル発電機が13機とも全滅した等の津波対策
の誤りを認めたことは大きい。
「想定外」ではなく、「対策の全くの不十分さ」「心ある住民の指摘を長年無視
してきたこと」にすべての原因がある。
 菅首相も、「東電の津波対策の不備」についてみとめる発言をした。

英国BBCが浜岡原発について報道-日本の報道と大差あり
 反対運動の紹介とか、浜岡現地の取材などもあります。
  伊藤実さんも出演し浜岡原発も危険であることを訴えています。
東電はあろうことか、国の安全審査を経て建てている、津波が巨大すぎたから仕
方なかったと言うことを述べております。
 東京で見ていた日本のテレビで浜岡原発やその他の原発はほとんど見た記憶が
ありません。九州電力玄海原発が定期検査中で運転再開を延期したというのと、
北陸電力志賀原発が二基とも定検中で県知事が安全性について見直せと言ったと
か、柏崎刈羽の電気が東京に送られているので停電もこの程度であるという何処
の宣伝かと見紛うばかりのものとか、ろくなものじゃありません。
 英国BBCの報道姿勢こそ普通なはずなのにと思います。日本のテレビメディアはいつからここまでおかしくなったのでしょうね。

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12868364

http://www.tanpoposya.net/

 
》記事一覧表示

新着順:49/590 《前のページ | 次のページ》
/590