スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:50/590 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

右翼までが

 投稿者:在日地球人  投稿日:2011年 4月 1日(金)13時13分24秒
  通報
  ★いつもは政府や東電の肩をもったご用評論や右翼的主張が主流の産経新聞と読売新聞の3月30日号(朝刊)が許されぬ「想定外」の言い訳(産経 西尾幹二)、「想定外」ではすまない(読売 高嶋哲生)の文をのせている。その要旨を紹介する。

 産経新聞 西尾幹二氏(評論家)の文の要旨
 許されぬ「想定外」の言い訳と題して、次のように述べる。
 東北は津波のたえない地域である。設計者はそのことを当然知っていた。東京電力は今回の津波の規模は「想定外」だというが、責任ある当事者としてはこれは言ってはいけない言葉だ。たしかに津波は予測不可能な大きさだったが、2006年の国会で共産党議員がチリ地震津波クラスでも引き波によって冷却用の海水の取水停止が炉心溶融に発展する可能性があるのではないかと質問していた。二階俊博経産省(当時)は善処を約していたし、地元からも改善の要望書が出されていたのに、東電は具体的な改善を行なわなかった。・・危険を予知し、警告をする人がいても、意に介さず放置する。破局に至まで問題を先送りする。 さらに日本にとっての問題の深刻さは、次の2点であるとのべる。
   第1は事故の最終処理の姿が見えないことである。第2点は   (前略) 問題の第二は、今後、わが国の原発からの撤退とエネルギー政策の抜本的立て直しは避け難く、原発を外国に売る産業政策ももう終わりである。(中略) 熱意が冷めた中で、残された全国48基の原子炉を維持管理しなくてはならない。そうでなくても電力会社に危険防止の意志が乏しいことはすでに見た通りだ。国全体が「鬼っ子」に冷たくなれば、企業は安全のための予算をさらに渋って、人材配置にも熱意を失うだろう。私はこのような事態を招く再度の原発事故を最も恐れている。日本という国が世界から見放される日である。(後略)

http://wind.ap.teacup.com/people/5039.html

 
》記事一覧表示

新着順:50/590 《前のページ | 次のページ》
/590