投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


2

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 8月 4日(木)17時04分5秒
  2001年12月06日
原告側の主張退ける 歴史教科書履修訴訟で東京地裁判決
 従軍慰安婦や南京大虐殺に関する記述がある中学校の歴史教科書が「自虐的な歴史観に基づいている」として、中学生や保護者ら300人余が国や自治体、出版社7社などを相手に、この教科書での履修義務がないことの確認や記述の訂正などを求めた訴訟の判決が6日、東京地裁であった。
市村陽典裁判長は原告側の訴えや請求をいずれも退けた。

 原告は、97年に中学生だった子どもとその保護者ら。検定教科書を使った授業が原告の思想信条の自由を侵害する、などと主張していた。

1993年10月20日家永教科書裁判 第3次訴訟東京高裁判決要旨から抜粋。
この南京部分などについて、国は附帯上告さえしていない。
つまり、争うのをあきらめざるを得なかったってこと。
事実を直視せよ!

修正意見は、軍隊において士卒が女性を暴行する現象が生じるのは、どの時代の、どこの国の軍隊でも共通のことであるから、日本軍についてのみ記述するのは特定の事項を特別に強調し過ぎるというのである。

 しかし、個人の人格が尊重され、女性の貞操侵害が厳しく非難されるとともに、非戦闘員の人権の保護が国際的規範をもって重要視されるようになった近代における戦争と古来からの戦争を同一に考えることに合理性があるとは考えられないし、行為の態様、与えた被害の内容等を考慮しないで一律に世界共通の現象として論ずることにも合理性があるとは到底考えられない。

 学界の状況に基づいて判断すると、南京占領の際の中国人女性に対する貞操侵害行為は、
行為の性質上その実数の把握が困難であるものの、 とくに非難すべきほど多数で、残虐な行為として指摘され、中国軍民に対する大量虐殺行為とともに南京大虐殺と呼ばれて、南京占領の際に生じた特徴的事象とされているのが支配的見解であると認められる。

 歴史的事象について、それを構成する主要な事実について記述させることは、正しく理解させるうえで重要なことであり、このことは、沖縄戦に関する記述で検定側が指摘しているところである。

 以上のとおりであるから、南京占領の際の貞操侵害に関する修正意見は、
記述に関する学説状況の認識を誤ったか、検定基準の解釈適用を誤ったもので、
その判断過程に看過し難い誤りがあるというべきである。

オススメ
http://www.geocities.jp/yu77799/okamura.html
 

1,

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 8月 4日(木)17時00分41秒
編集済
  *自国の罪に向きあうということ

 戦後賠償については、相手の受け取り方は当然ながら「金だけ出せばいいという問題ではないでしょう」という事が、もっとも大きなドイツとの違いでしょうね。
 教育・教科書での扱い等、謝罪と反省の真心を前面に出しているドイツの態度ととにかく謝罪を避けようとする日本の態度とでは、いくらお金を使っても和解の成立の困難さはまるで違うでしょう。
 アジア各地にある日本軍の蛮行を伝える記念館には、たいていその罪を許すために憲法9条が紹介されているそうですが、ことほどさようにまず和解にはまず何より「真心からの謝罪ありき」でしょう。
 過ちを、まず隠そうとするのは確かに自然な感情で、小学生なら最初に考えることでしょう。しかし、本当の大人なら、それを認め謝罪し償おうとするものです。
 ドイツでは、どこの学校でも先の大戦における自国の過ちと加害性を、学校で徹底的に教えますが、中3ぐらいの段階では、第2次世界大戦でのことだけで、一冊の厚い教科書があり、さらにそれ以上の厚さのある残虐な加害行為の写真集まで副教材に使い、丸一年間をかけて徹底的に自国の過ちと加害の歴史を教えます。
 これはほんの一端にしか過ぎず、自国の罪を暴く多くの博物館等の建設・徹底した被害者の探求と補償、こうしたきわめて道徳性の高い政策を戦後一貫して行い続けることによって、周辺諸国から高い信頼と尊敬を勝ち得、ユーロの指導的立場を任されるに至っているわけです。
 ひるがえって日本の教育はどうでしょう。中学でも高校でも、第2次世界大戦の授業は、平均して1ヶ月以内、あなた方の圧力もあって、加害の歴史もしっかりと教える増田先生のような方はごく稀です。教えるのは戦争被害の悲惨さばかり。
 もっと恥ずかしいのは、人のふんどしを借りるみたいに、やたらナチスのことだけは教えたりします。自国の罪の情報を大量に公開し流し続けてくれるドイツの高潔さにしっかりおんぶに抱っこして、国家主義の恐ろしさの本質をあいまいにして、ナチスと戦争の恐ろしさを伝えるのみ。
 こんなことでどうして、もっとも大事なアジア地域だけに限っても信頼・尊敬される国になれるでしょうか。

 以下もご覧ください。
http://www.nakajima-msi.com/contents/t/029.html
 

愛子様の弟さんへ    

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 8月 4日(木)16時57分27秒
編集済
   お久しぶりです。またご登場ですか。かって、T板(http://8710.teacup.com/kurage/bbs)で「高い地位にあっても庶民と同程度の質素さを善しと感ずる、そのあなたの感性に」敬意を表させていただいたこともありますので、ここまでは書き込みを受け入れましたが、また同じ論の繰りかえしで、いささかうんざりです。
あの頃すでに、幾とおりものパターンで、回答させていただきましたが、その一部を以下に再掲載させていただきます。職種が変わって、あの頃のような暇も余裕もありませんし、ここをT板のような討論板にする気はまるでありませんので、このようなご登場は今後ご遠慮願います。ただし、現実とは何か、夢とは何かについては、暇ができ次第じっくりと回答させていただくつもりです。気長にお待ちください。
 

猿のほうが偉い

 投稿者:愛子様の弟  投稿日:2005年 8月 4日(木)05時52分30秒
  猿を馬鹿ににしてはいけません。彼らの方が人間より自然環境に適合した生活をして、地球を大切にしているのですから。
それにチンパンジーレベルになると単に腕力が強い個体だけでなく、知恵の多い老猿も大切するなど暴力だけの存在ではありません。
月の猫さんの望みによっぽど近い存在でですね。
人間の知恵など結構くだらないものかもしれません。

それならば、それを奪ってしまおうとした共産主義者がいます。
毛沢東とポルポトです。国づくりに特に必要な知識人を中心に迫害・殺戮し大きな禍根を残しました。
その結果中共では中央政府の役人も政府を信用せず、散々私腹を肥やした挙句、国外逃亡する人間続出。
彼らの反日教育は、それを取り繕うための面があるため、日本がいくら謝罪しようが、日中戦争の死者は、記憶・記録とも薄れつつあるのに増大するばかり。
お隣が軍事予算を高度成長させ、台湾への攻撃や核兵器の「先制使用」!を公言するようでは彼らこそ旧枢軸国と同じではないか。
こういう場合おためごかしの絶対平和主義が有害無益なのは、先の大戦で明らか。
国連が国際連盟と違い、軍事力を持っているのはそれに鑑みての事。
大体、国歌が「我らが血肉をもって」とか「敵の砲火をついて、進め×4!」なんて国ですよ。君が代が霞みますね。
 

KUGUTU

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 8月 2日(火)00時08分51秒
  人の世の辛酸を嘗め尽くした彼は
長い放浪の旅に出た
廃墟となった都市の地下に埋もれた
巨大な図書館を見つけ
古びた書物に読みふけった

あるとき幻影のように神が顕われ
書に読みふける彼をあざ笑った
 おまえは私の夢の一部にして 傀儡にすぎぬ
 おまえの怪奇な人生のすべてを 私は操ってきた
 私こそ おまえの神なのだ

  長く長くあなたの顕現を待ち望んだ その
  私の切なる望みに従って あなたは顕われた
  またあなたは今 私の感覚に捉えられた 対象物

  なるほど私はあなたに操られてきた しかしこの傀儡は
  この古き書物どもの内なる深い遍歴を通して
  操りし者自身の知らぬ秘密を探り当てたのだ

  吾が神を名のる傀儡師よ
  あなた自身を操る力の秘密を知るのは
  あなたではなく 今やこのあなたの操り人形の方なのだ

さてさて 奇怪なのはこの話の続き
 傀儡師と思われた者も 傀儡にして
 その傀儡なる傀儡師の 傀儡師は
 傀儡なる傀儡師の操りし 当の傀儡であった
と? いやいやそのような陳腐な話ではござらぬて

茫然と佇むかのような
彼の神なる者の表情は
よくも分からぬ
実に奇怪なのは
頭上の糸をことごとく切り離したがごとく
歩み去った彼の行き先じゃよ

彼にあらゆる不自由の辛酸を与えた街に
彼は戻っていったのだ
 神の神なる者があこがれる
 その苦き美酒を味わいにゆくのだ と

人としての歓びと痛み という美酒を



                               ,
 

愛子様の弟さんへ

 投稿者:jackrose  投稿日:2005年 8月 1日(月)22時46分43秒
  あなたの仰ることは人間は所詮猿山の猿に過ぎないと?
それではあまりに自虐的過ぎやしませんかね?
世の中争いがデフォルトというのには同意しますが、おそらく私とあなたでは、戦い方と戦う相手はまったく違うものなのでしょうね。
武器の威力の増大がもたらす脅威が倫理や法律の発達をもたらし・・とありますが、あなたはそれゆえ軍事拡大賛成なんですか?
ならば北朝鮮にも核兵器所有させれば倫理や法律の発達をもたらして安心じゃないの?

私は「猿から目覚めて人間になれ」とは言いませんがね・・・。
 

夢をみるのも程々に

 投稿者:愛子様の弟  投稿日:2005年 8月 1日(月)05時09分44秒
  削除されないようなので、また投稿します。
あなた方、世の中基本的にどう考えているんでしょう。
普通は平和な世の中に軍国主義者がやってきて戦争が巻き起こされているとか考えていませんか?
そうだとしたら大間違い。
世の中戦うのがデフォですよ。我々がやっている事は猿山の覇権争いの延長ですよ。
知恵がついて言葉しゃべるようになっても、平和でまともな世の中つくるより、先ずはその能力で余計高度な大規模な戦いをするようになっただけ。
そうやって戦って戦って戦いくたびれてようやく先進国で「手打ち」ができるようになっただけです。
先進国間の平和は永く苦しい歴史の積み重ねの上にようやく構築されているもの。
それを無視したようなイマジンの歌詞(アナーキズム?)が無意味なのは2ちゃんねらー
でもすぐにわかること。下手に政府をなくすとラオウみたいな腕力の強い奴に踏みつけにされるだけだろうと。

今の先進国は核兵器というとんでもないものを持っているから怪しからんように見えますが、
では20世紀になっても鉄器も持ってなかった未開のジャングルの部族が平和で友好的な人々だったかというとさにあらず、隣の部族の男の生首のひとつでも持ってくるのが1人前になった証だなんて例がたくさん報告されてるそうです。
日本も台湾統治の最初の頃に現地人に首を落とされてます。
だから逆に武器の威力の増大がもたらす脅威が倫理や法律の発達をもたらし、そういうことを普通はしなくなったという見方もあるのです。
現実を見据えず理想でことを進めると、大きな落とし穴と災厄が待ってるなんてのは
常識です。目を覚ましてください。
 

(無題)

 投稿者:愛子様の弟  投稿日:2005年 7月31日(日)12時42分58秒
  地球が宝なら人間は癌かな、生活レベルを「日帝時代」並に落とさなきゃ  

地球は

 投稿者:月の猫  投稿日:2005年 7月25日(月)13時05分57秒
  地球はみんなの宝
人間だけのものではない

何億年も いろんな命がつながって
生まれた人間の命
いろんな命に支えられ
生きている人間
地球はすべての命の母
宇宙の宝
 

「夕日の王国」について

 投稿者:海月  投稿日:2005年 7月24日(日)23時45分9秒
編集済
   人間の孤独を扱った作品ではなく、身体を持ったかけがえのない他者とのつながりを扱った作品です。自殺も他殺も許されない理由を。
 人間は、この詩以上にかけがえもなく「大層なもの」というのが、私がいつも表現したいと願っていることです。
 誰の言葉か知りませんが、「一人の命は地球より重い」という言葉は、真実だと思います。命のない星ひとつより、一つの命はかけがえがなく、唯一者としての一つの自我は、おのおの一つの宇宙を抱えていますから。自我の成長と個人の尊厳が尊重されない社会に、真の民主主義も平和も確立されるはずないと、考えています。(「世界に一つだけの花」という歌がはやったときは、こうゆう歌こそ国歌にしてほしいと喜びましたが)
 きわめて虫瞰的で、日記文学・私小説・生活綴り方的なものばかり大量生産しがちな日本文学は、本質的にいびつだと思います。日常感覚だけでなく、世界や宇宙をも考えることができるのが、動物とは違う人間の知性のすばらしさであるはずですが。「木を見て森を見失わず、森を見て木を見失わない」健やかさを、常に心がけたいと思っています。
 子供の頃、「ミクロの決死圏」というSFを見て、主体が生きのびるために献身的に闘う白血球やリンパ球・その他の何億という内部生命体の必死の働きを見て、この映画を見たら、とても自殺なんてできないな、と涙が止まらなかったことを覚えています。それが、この詩の背景です。
 

転載します

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 7月14日(木)20時57分35秒
  ■1,次の傍聴

第5回公判日程 7月19日(火)午前10:00~午後4:30
  東京地裁一階425号法廷。(東京メトロ霞ヶ関駅A1出口)
  今回だけ定員は46名。それでもぜひ、傍聴に足をお運び下さい。今回も丸一日の公判です。

 ★傍聴は、過去4回とも、先着順。直前に地裁のHPに予告されます。
  電話で問い合わせると、前日の午後1時以降、当日は8:45以降に、答えてくれる。
 [連絡先]東京地方裁判所 総務課 広報係 03-3581-5411 内線3133

 ★傍聴券は、朝1回しか配布されません。
  9:40以前にお越し下さい。定員に達したかどうかは、上記電話番号にて確認できます。定員に満たなかった場合は、傍聴希望を申し出れば、傍聴券が交付されます。
  午後からお越しの方も、前回は全員入廷できました。地裁門前「藤田のぼり旗」事務局員にお声をおかけ下さい。
 ☆厳重な警備にご注意!

 ★報告集会:16:30~ 場所未定
 

メールを紹介します

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 7月14日(木)19時45分41秒
  こんばんは。3悪都議&犯罪都教委と断固、闘う増田です!

 21日(木)は、憲法・教育基本法に基づく教育ををシッカリと実践した、東京で
最も真っ当な先生達が「非行再発防止研修」なる懲罰研修を受けさせられる日です。
そこで、東京都学校ユニオンとして、その場でビラまきをすることにしました。サワ
リの部分をお知らせします!

<非行再発防止研修が必要なのは、近藤・都研修センター所長&横山・副知事!?>

  都教委は、明確になっただけでも九九年から二000年にかけて増田都子教諭(当
時、足立十六中)の個人情報を土屋たかゆき都議(民主党)に漏洩していました。近
藤精一、現・都教職員研修センター所長は左記資料に明瞭なように、指導部指導企画
課長在任時、この個人情報漏洩という非行を犯した一人です。これは、東京都情報公
開条例違反、東京都個人情報保護条例違反、地方公務員法第三四条・守秘義務違反
(一年以下の懲役又は三万円以下の罰金)であり、都教委の懲罰規定によれば「停職
または免職」です。
  00年十一月、この漏洩個人情報を載せて増田教諭を誹謗中傷した、右翼偏向三都
議(土屋・古賀俊明・田代ひろし)共著の俗悪本で、増田教諭は、この都教委の犯罪
行為を知り、すぐさま「漏洩職員を調査の上、懲戒処分せよ」と都教委に要求しまし
た。都教委は無視したばかりか、近藤氏に見られるように、むしろ本件関係者をどん
どん出世させたのです。横山洋吉・現副知事(当時、教育長)は、この「違法な個人
情報漏洩」を都議会で追及され「都議に個人情報を提供するのは自由裁量」だとまで
居直る始末でした。増田教諭は裁判に訴え、裁判長は都教委に対し職権で「和解」を
勧告。増田教諭は「都教委が罪を認めて謝罪すれば賠償金はいらない」と条件を出し
たのに、都教委は拒否しました。
  都教委は、自らは、このような明白な法令違反を繰り返し、どこまでも居直りなが
ら、違憲・違法な0三年10・23「日の丸・君が代」通達を「ルールだ」として強
制し、教職員がその職責上、この強制(暴力)を拒否して不起立をしたら、即座に懲
戒処分を与えたのです。その上、この真っ当に職責を果たした教職員たちに対して
「非行再発防止研修」なるものを、都教委(近藤精一・都研修センター所長)は、強
制しています。しかし、「停職、または免職」処分の上、停職の場合「非行再発防止
研修」を受講し、地公法等法令に対する理解をしなければならないのは、三重の法令
違反の非行を犯し、追認した近藤精一氏&横山洋吉氏ではないでしょうか。

◎「非処分者の会」事務局長の近藤徹様へ
 以下は、読み上げてもらえたらな、と思っているメッセージです。35秒なんです
が、「懲罰研修」受講者の皆様への「激励」の中に入れていただけないでしょうか?


<懲罰研修受講者の皆さんへ>
99年9月から02年3月までの2年半、約5200時間にわたるチョー!? 長期
懲罰研修から現場に生還した、東京都学校ユニオン、増田からの連帯メッセージで
す。
 違憲・違法な命令に服従しないのは正当な行為であり、違法な非行行為を繰り返し
ているのは近藤精一・研修センター所長らをはじめとする都教委の方です。本懲罰研
修受講で、皆さんは、さらにその確信を強められることでしょう。自信を持って、そ
の成果を「所感」に書いてあげてください!
 

紫陽花よ

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 7月 3日(日)00時09分23秒
編集済
  紫陽花の青の向うに
燈った 生活

 からん からん

 遊び疲れた帰り道
 夕空の鴉たち
 夕闇に漂う
 台所の匂い
 まな板の音
 「家路」が
 流れる

 カラン カラン

 黄昏の学校
 誰もいない廊下
 影が伸びる
 風がぬける

 からん からん

  家族の足音
  風にさらされ
  温かい背中で
  眠っている私
  せせらでいる
  川面

  カラン カラン


 紫陽花が咲き始め
 蛍を追いかけた
 影絵のような
 あの少年の
 憧憬が
  月明かりで見た
  ビー玉の中の
  遥かな星屑
  に重なる

   … …


 山の彼方に
 旅立った人よ
 あなたの旅は…

  ああ ほんとうに
  何が 人のさいわい
  なのだろうか


山から眺めた街灯り
とおく とおく
M67星団のようだね
紫陽花よ





                                    ,
 

メールを紹介

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 6月21日(火)21時13分43秒
  こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!
 本日、来年度の新教科書採択のための、千代田区「平成18年度使用」教科書の
「学校調査書」を作成しました。千代田区立中学校は3校しかなく、社会科は、学校
ごとに「歴史的分野」「地理的分野」「公民的分野」にわけて、調査しました。我が
校は「歴史的分野」を引き受けましたので、8社の教科書を二人の社会科教員で4社
ずつ、私は、もちろん、扶桑社を選びました(他は、大阪書籍、帝国書院、教育出
版)。イヤ、本当に聞きしにまさる、ひどいシロモノですね。千代田区教委では前
回、なんと一票差で扶桑社が落ち、歴史・公民とも東京書籍の教科書(現在、使用
中)になった経過があります。都立中高一貫校では、このひどいシロモノの扶桑社教
科書を使用することになってしまいましたが、区立九段中等学校が開校する来年度、
果たして、常識的な教科書が採用されるかどうか、心配です。以下、私の扶桑社「歴
史教科書」調査書内容です。

「扶桑社歴史教科書」
・近現代史の資料に典型的であるが、中国の反日運動を殊更に強調するものを取り上
げたり、アジア・太平洋戦争において「アジアの人々を奮い立たせた日本の行動」
「日本を解放軍として迎えたインドネシアの人々」など、非常に偏った一面的な資料
の取り上げ方が目立ち、学習指導要領「目標」にある「多面的・多角的に考察」する
ことができないようになっている。
・課題学習も、技術的なものに偏りすぎている。読み物コラムについては、日本神話
が3ページにわたってとりあげられている一方で、釈迦については本文に単語のみ、
キリスト教についての古代における説明はなく、いきなり大航海時代に出てくるな
ど、偏りがあり、バランスを欠く。
・叙述については、「日本文明」など奇異な用語の使用、「帰化人」という現在では
死語に等しい用語の正式な用語としての使用、「大東亜戦争」などという「一般化」
されていない用語の使用など、中学生の発展段階には相応しくない用語の使用が多
い。また「日本に向けて大陸から一本の腕のように朝鮮半島が突き出て」など、非常
に一面的・主観的な表現が見られ、指導要領の内容の取り扱いにある「国際協調」と
いう観点に反する表現も多い。さらには「戦争で非武装の人々に対する殺害や虐待を
いっさいおかさなかった国はなかった。日本軍も・・・」として悪事を相対化するな
ど、極めて不道徳で無恥な表現も見られる。伝統・文化の記述についても、ことさら
に他社に比べて優れている、というところは見られない。
・総じて本書については、上記以外にも「東京裁判の評価は定まっていない」などと
サンフランシスコ条約において我が国が「東京裁判を受諾する」と明記してあること
も否定する極度に独善的な見解を載せており、中国・韓国の反発が強い理由も肯け
る。本書は、学習指導要領「道徳」にある「(10)世界の中の日本人としての自覚
を持ち、国際的視野に立って、世界の平和と人類の幸福に貢献する」日本人形成には
相容れないものがある。「愛国心」についても贔屓の引き倒しとなる表現が多すぎ
て、反って育てることができないようになっている。

 さて、千代田区では、これから、この私の扶桑社「歴史教科書」調査書も含めて各
校の「調査書」が持ち寄られて検討され、最終的に千代田区教委が「採択」を決定す
ることになります。是非、皆様も、各地の教科書展示会に行かれて、意見を提出して
ください。
 

小さな水たまり  

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 6月 5日(日)23時46分41秒
編集済
  小さな水たまりは

はしゃぐ子供達の
泥足を受け入れて
玩具である自分が
うれしかった

何台もの車が走りすぎ
ひどくハネをとばすたび
嫌われている自分が
かなしかった

行きすぎる雲を映して
鏡のような自分を知った

雲からの雨滴を受けとめて
そうか 楽器でもあったのか

やがて静かに雨が降ってくると
もう波紋は数え切れない
ああぼくは パーティー会場だ

雨がやみ 黄昏
夕焼けに彩られた空に
一番星を 映し


ああなんて綺麗な星空
私のなかに!


 
 かみさま
 今日一日のすべてを
 感謝します




                               ,
 

被害者家族を無視する靖国という改憲巨大軍需利権

 投稿者:cf  投稿日:2005年 6月 1日(水)22時59分5秒
  国を愛するなどという愚かな犯罪者が北京で上海で、ソウルで平壌で、煽られて惨めな醜態を晒している。
靖国の英霊という侵略強盗殺人の犯罪者もまた煽られ愛国に洗脳されて愚かな末路を辿った。
アジアの総ての若者は国を愛するような哀れな犯罪者に堕してはならない。
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上九一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国或いは北朝鮮の愛国兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
 

メールを紹介します 2

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 5月12日(木)18時22分41秒
  こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と断固、闘う増田です! 本日は、これまでの経過を超!? 簡単にまとめてから、公判の結果について報告します。
私は足立十六中に1997年勤務時から今日まで、社会科教員として当然である平和教育・民主教育を実践した結果、産経新聞など右翼勢力から大バッシングを受け続けています。彼らとつるんだ東京都教育委員会は、土屋たかゆき・古賀俊昭・田代ひろし3都議に私の個人情報を漏洩して都議会内外で攻撃させました。3都議はその個人情報を、私を誹謗中傷するためだけに展転社から出版した俗悪本に掲載し公開したため、私は筆舌に尽くし難い人権侵害を受けました。そこで、現在「都教委による個人情報漏洩」糾弾裁判を行っています。(他に「三都議糾弾」名誉毀損裁判、「産経新聞糾弾」名誉毀損裁判も!)
「プライバシー権(自己情報コントロール権)を守るために個人情報は法令によって保護されなければならない。しかし、『議会活動に使う』と都議個人が言えば、都教委(都の機関)は自由裁量で個人情報を提供しても良い」などという主張は「法治国家では許されない」ことは、中学生でも分別があれば容易に理解できるでしょう。
しかるに都教委による、この明々白々な不法行為に対して、2004年9月26日の都議会本会議において、横山洋吉教育長、及び生活文化局長は盗人猛々しい居直り答弁をしました。「都教委(都の機関)は、都議会が制定した東京都情報公開条例、東京都個人情報保護条例、及び地方公務員法『守秘義務』には拘束されず、127人の都議個人に対し『自由裁量』で個人情報を提供できる」などとシャアシャアと主張したのです。また同年10月26日の都議会文教委員会においても、このような不法行為を都教委に対し教唆扇動し実行させた古賀俊昭都議の誘導質問に対し、都教委は同様の答弁を行っています。
いうまでもなく、都の行政(教育行政)は、都議会制定の条例はもちろんのこと、全て法令に則って行われるべきものです。横山教育長、生活文化局長らの答弁は、条例制定機関としての都議会の権威を否定し、行政法律主義を否定し、裁量権をほしいままに濫用することによって人権を侵害しながら、なお恥じないという恥知らずなものです。また、本年2月17日の都議会文教委員会においては「都の実施機関は、都議に個人情報を提供してはならない、とする決議を都議会としてあげること」という請願に対し、自公民三党都議の村上英子(自)、花輪ともふみ(民)、野上じゅん子(公)、古賀俊昭(自)、臼井孝(自)、石川芳昭(公)、遠藤衛(自) 、山本賢太郎(自)、比留間敏夫(自)の9名は、「都議への個人情報漏洩(提供)は良いのだ」と、これを否決しました。つまり、この9名の自公民の都議会議員は、都議会が制定した都条例を否定しながら、嬉々としていたのでした!?
  さて、本日5月11日の東京地裁法廷で、裁判官は「職権による和解勧告」を行いました。実は、これより前、裁判長が和久田弁護士を突然、裁判所に呼び「先が見えた。ついては判決に拠らず和解で解決してはどうか」と言ったのでした。そこで私の側は「賠償金は要らないが、都教委は法令違反をした事を認めて原告・増田に謝罪し、再発防止策をとること!」という条件を呑むなら「和解して良い」と裁判長に申し出ていたのです。 都教委がこれを受け入れなければ「都教委、違法!」 と決定して敗訴の上、私に賠償金を支払うことになるでしょう。法令を誠実に解釈し遵守すべき都教委が(教員に対し横山洋吉・教育長名で何度も「法令を遵守せよ」「個人情報を保護せよ」などと通知を出している!?)、何年にもわたる法令違反を組識を挙げて行いながら、都議会においてこれを「合法」と居直り、自公民の都議らがこれを支持し、石原慎太郎都知事はこれを黙認して、この不法行為を支持・助長しました。不法行為を平然と繰り返す不適格公務員である彼ら全てに対し、鉄槌を与えられる日も間近となりました!
 それから傍聴に来ていただいた人から耳寄りな話を聞きました。女性達数百人が呼びかけ人になって(中には福島瑞穂さんの名前もあるとか)「三都議落選運動、特に板橋は重点的に!?」という活動が始まったとか。あっちでも、こっちでも、土屋に苦しめられた人達(平和・民主教育弾圧、真っ当な性教育弾圧、組合活動への妨害・既得権剥奪、ジェンダー・フリーへのバックラッシュ、「日の君」弾圧の全てに、尖兵は土屋でした!?)がそれぞれ精一杯落選運動をしていけば、凱歌を上げられそうですよ! TKP(土屋蹴っ飛ばせプロジェクト)にご協力、よろしく!

 
 

メールを紹介します 1

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 5月12日(木)18時17分20秒
  *戦争を語り継ごうという会に書いた文に対する返信
「『日本の近代』謙虚に学び直したい戦前の日本の教育を受けた大多数の日本人は、先の戦争、太平洋戦争を疑うことなく自らの国の大義のため戦っているのと信じていたと思います。
ところが、実はそれは侵略主義的目的と野心のためであった事が分かったのです。マスコミは中国の人々、韓国の人々をはじめとして、近隣のアジアの人々の口惜しい思いを考えた事があるのでしょうか。
かつて指導者は「英米人は鬼畜」と偏見と敵愾心を国民に植え付ける事に腐心しました。「英米人が侵入してきたら、日本人の男は全部殺され女性は乱暴される」と宣伝しました。実は日本軍が、中国などで行ってきたことです。
 日本の不幸は、満州事変に始まるのではなく、日本の近代化「欧米に追いつき、追い越せ」と共に始まったのではないでしょうか。
イギリスのアヘン戦争による理不尽な中国侵略がモデルになったことはあまりにも不幸なことです。
 もう一度日本の近代とは何であったのか、謙虚に学びなおす必要があります。世界の人々、近隣の国の人々から、尊敬されるような国になるにはどうしたらよいのでしょう。」
それに対して下記のような返事を頂きました。
「昨日のNHKのベルリン在住人、のリポートによれば。。
日本人は歴史の認識が甘い、ドイツ人は戦争での他国の被害について、ナチスのせいににせず、ドイツ人全てが責任を負うと言うことで近隣諸国や世界に対応している。。日本は戦争の責任は過去の軍部にあるがごとく、日本人全員がこの責任を負う姿勢を忘れている、小生は昭和20年は旧制高校1年であるから、無論直接の戦争を起こした責任は個人的には無いと思う(軍国少年としての教育を受けて、天皇の為なら喜んで?死をと。。)然し乍ら中国、朝鮮に対する責任は日本人が1人1人が全員、自覚しなければならない、拉致の人数は数十万人(慰安婦や徴用と言う形で或いは処刑等)反省を改めて考える、戦争の被害は日本人は戦争を起こした当事国です。」
 

夕日の王国

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 5月11日(水)19時22分34秒
  一人でいることは孤独ではなく

その身体は多くの内部生命が支える黄金色の王国

自我はもの言わぬ命たちに支えられた王



たとえ王たちが疎遠であっても 諍いがあっても

もの言わぬ民たちは 血脈を同じくし 平和を愛する命たち

だから王は 自分の国を滅ぼすのも 他国を滅ぼすのも 許されぬこと



王がどんなに孤独を感じても その身体は 

分かつことのできない絆で深く結ばれている数知れぬ仲間の存在を

常に身近に感じている



命の輝きの満ちた黄金色の王国は 夕焼けの王国

すべての王国は やがて闇の中に没落するが

その輝きは次なる新たな王国に渡されて

地球はまわり続ける
 

空の小箱

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 5月11日(水)19時10分13秒
  まだ星々の残る

すみれ色の明け方



まどろみの呪文で舞い上がると

空の彼方に小箱がありました

青く透明な小箱



だれが作って忘れたのだろうか

わたしは 訪れてくるだろう

その人を待つことにしました



うたたねの幾朝かが 過ぎて

白いスカートのその人が 現われました

 (わたしは雲の陰に隠れて見ていたのです)

よほど哀しい夢を見たのでしょうか

疲れ 面痩せした その顔は

涙に濡れていました



白くやさしい胸の谷間から 取り出した鍵で

透きとおった小箱を開けると

 (ああなんて綺麗なオルゴールの調べだろう)

中には ちいさな湖水が 広がっていました



時を遡るように 少女の姿までに

小さくなったその人は さらに

小さく ちいさく…

蜉蝣ほどの 美しい

妖精に なったのでした



湖水の上で その人は舞いました

虹色の翅を震わせながら



哀しいその舞は やがて

のびやかに しなやかに 

自由に

そして いつか

安らぎに充ちたものにかわり

終わりました

空はすでに 曙の空でした



妖精は 少女に

少女は 元の女性に

もどりました



微笑みを とりもどしたその人は

気持ちのいい 額の汗をぬぐい

小箱に鍵をかけ 空のその場所に浮かべると

ねむりに落ちていくように 下界に沈んでいきました







それから幾年を経た後の ことでしょうか

私は 街や村 野や山ですれ違う 

普通の 老齢のご婦人の

美しさがわかるようになっていました

殊にその顔が あの哀しく透明な面影を

思い出させるときなどには
 

悪意の夜

 投稿者:kurage  投稿日:2005年 5月 4日(水)23時16分56秒
編集済
  王様の与える勲章
のおかげで この国は安泰
林立するビル

白い部屋が眩くて 君はシルエット
シーツは けがれのない海

カクテルは バイオレット・レイク
ゆっくり ゆっくり 倒れて

肌の陰影をたどる指先
白い鍵盤のソナタ
猥褻な黒鍵
八感の歓喜に 捩れていく

 知ってたかい 絶妙の香水には
 死臭が配合されている

最上階の部屋の窓は大きくて 月が近いね
あの満月は 砂漠を照らしてる
難民たちのテントを

 テレビを見てごらん
 数え切れないね
 法王のために流された涙の数と
 飢え死にした子供達にたかる蝿の数

 死臭は砂漠の彼方から
 ビルの谷間から

 「涙は阿呆が流すもの
  信じられるのは この痛みだけ」
 「でも 幸せを知っているから
  痛みもあるのでしょ」
(おお 今夜は賢い君に 百回キスするぞ!)

今宵の悪意は 
黒い翼となって
星空を漂うが
射落とす天使は
行方不明

さあ もう一度
夢の世界へ
行こう
 

今この宙(そら)の下に

 投稿者:月の猫  投稿日:2005年 4月23日(土)11時07分48秒
  今この地球の宙に
赤ん坊のうぶ声があがった
その命の灯火は瞬き
そして消えようとしている

誕生し消える 多くの命
人の 欲望 怒り 憎しみ から
何万もの命が奪われる

二人の男女から 命が瞬く
だが その命も…

命とは何なのだろう
意味も理由もなく
生まれるものだろうか

生まれた初めから みな
平等じゃないのだろうか

家族を殺された人々は
怒り 恨み 呪い 復讐を誓う

だが その後に 何が残るだろう
世界は その繰り返し

小さな体
の大きな命
赤ん坊の未来が
見えない
 

花嵐の迷宮

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 4月15日(金)22時50分39秒
   乱舞する花びら

あまりに華麗な
この現実の中に

じぶんを見失えたら
きみに たどりつけるかもしれないね

 たしかに
 ぼくたちの脳は
 余計なものを多く
 かかえすぎている

ごらん
つむじ風の巻き上げる
花嵐の中で
犬までが 嬉々として
走り回っている

 うつくしい春だね

さあ
現実を選択するために
新しい夢物語を紡ぎにいこうよ

 この花の迷宮の彼方に
 

窓から見る景色

 投稿者:まどろむ海月  投稿日:2005年 4月14日(木)21時51分56秒
  空には鳥が飛び 地には…

虫たちの現実から見たとき 人間はなんという奇妙な幻想を 
逃れえぬ世界と思いこんで 生きているだろう

生老病死は命あるものの逃れえぬ現実だとして
星たちの目からは それはなんという儚(はかな)さ

逃れえぬ現実…?

にもかかわらず 人は思い込みの巨大な幻想体系の仕組みを知り
多くを選択しうる存在 自己のための幻想を選びうる存在である

星々があこがれる輝きを 私は選択したい





                              ,
 

東京新聞の特報 1

 投稿者:海月  投稿日:2005年 3月13日(日)23時20分53秒
  http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050313/mng_____tokuho__000.shtml

『君が代』強制 都立高卒業式の現状

 都立高校の卒業式が十一、十二の両日、ピークを迎えた。東京都では国歌斉唱時に教員が起立して「君が代」を歌わないと処分される。今年は、生徒に対して斉唱を指導するよう校長の職務命令も出た。こうした強制は、「日の丸」「君が代」が好きか嫌いかとは別問題だ。教員の精神をこわばらせ、生徒に大人社会の“欺瞞(ぎまん)”を伝える現状すら招いている。 (松井 学)

 卒業証書を授与された生徒がマイクを握った。「校長先生と都教委にお願いします。これ以上、先生方をいじめないでいただきたい」。会場からの拍手が二十秒近く鳴りやまなかった。

 十日にあった都立A高校の卒業式、出席者らに強い印象を残した一場面だ。歌わない教員が処分対象になることを知っての「いじめ」発言だった。生徒自身らは、「国歌斉唱」ではほとんどが起立したものの胸の内はどうか。ある卒業生は在校生に向けた言葉の中で「僕は天皇を人格者として尊敬し、君が代も歌った。だけど、この強制はおかしい」と率直に訴えた。

 二〇〇三年に都教委が通達(国旗・国歌の実施指針)を出すまでは、起立、斉唱するかどうかは内心の自由の問題、と多くの学校が説明していた。いまはそれが許されない。

■「職務命令」出し斉唱の指導義務

 昨年九月、都教委は校長連絡会で、生徒に対する国歌斉唱の指導を「職務命令」として教員らに義務づけるよう口頭で指示した。生徒が起立しなければ担任の教員が処分され、「日の丸・君が代」強制が生徒らにも及ぶ事態が明白になったのが、前年までの卒業式と今回との違いだ。

 都立高関係者によると、今年二月には一部地区の副校長連絡会で、多数の生徒が不起立だった場合は、起立を促すため式の途中でも指導するよう都教委が異例の要請をしたという。都教委は「要請の事実はない。『学習指導要領に基づき、適正に生徒を指導する』よう言っているだけで、あとは各学校でご判断される」(高等学校教育指導課)と説明するのだが。

■校長あいさつで生徒が起立拒否

 三月初めに卒業式を迎えたB高校では、国歌斉唱では生徒のほとんどが起立した。ところが、続く校長あいさつでは、二年生が「起立」の号令に従わず、約三百人のうち立ったのは一人だけ。「国歌斉唱で不起立だと担任が処分される」ことを避けた在校生による無言の抵抗だ、と式の出席者らは受け止めた。

 昨年、都立高校を卒業した大学生(19)は「高校生にもなれば、起立するかどうかは自分で判断でき、先生の責任ではないはず。生徒たちも『校長先生たちの勝手で、私たちがなめられている』と抗議したのではないか」と代弁する。

 今年の卒業式で、国歌斉唱の際に起立しなかった教職員は十日までに十三人を数える(「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会まとめ)。

 このうち都立大森高校の松原信材教諭(60)は、五日の卒業式で初めて起立しなかった。定年後も嘱託として学校現場に残る道があったが、「これで道を閉ざされる」覚悟で式に臨んだ。

 「多くの教職員が軍隊まがいの抑圧と自らの良心のはざまで悩み、苦しんでいる。私なりのやり方で抗議の意思を示した。敗戦の年に生まれ、戦争を放棄した憲法の恩恵も受けてきた。六十年たって、民主主義国の首都で、こうした強制が国民の目に触れないまま既成事実化することが怖い」

 

東京新聞の特報 2

 投稿者:海月  投稿日:2005年 3月13日(日)23時13分3秒
  ■会議で議論なし押し黙る教職員

 前出のB高校の卒業式で、ただ一人、不起立だった男性教員(47)は「大人として、人間として生徒に接していきたい。強い者には従った方がいいという、悪い教材に自らがなってはいけない。教職員は皆、強制に反対なんだけど、職員会議での議論はなく、貝のように押し黙っている」と、胸の内を明かす。

 都教委の強制に反対して、卒業式の主役は生徒たちのはずではないか、と父母らの有志がビラを配って呼びかけている。

 前出のA高校では前PTA会長(50)らが「伝統的な自主自立の校風を実現できる学校であってほしい」と訴え、卒業式の朝、校門前で保護者らにメッセージカードを配った。昨年の卒業式で、来賓の元教員が雑誌コピーを保護者に配布しただけで刑事事件として起訴された都立板橋高校でも、十一日の卒業式前に、地域住民らが校門前で「歌う、歌わないは自分が決めることです」と書いたビラを配布した。

 しかし、その一方で、こうしたビラ配りの現場は、父母や教員から依頼を受けた弁護士らが、手弁当で立ち会うという緊迫した事態になっている。万一の「混乱」を避けるための措置だが、三月に入り都立野津田高校と農産高校で、学校の校門前でビラを配った人たちが、「建造物侵入」の疑いで逮捕される事件が相次いだことも背景にはある。

■侵入罪は困難 拘置認められず

 野津田高校の場合は、東京地裁八王子支部が逮捕された男性二人の拘置を認めずに釈放した。ビラを配っていた場所が同校の敷地内とはいうものの、校門外のバスのロータリー周辺だったためで、同支部は決定理由で「立ち入った敷地部分は高校の門や塀の外側にある土地で、これを建造物侵入罪に当たると評価するのは困難だ」と指摘。農産高校のケースでは、検察が拘置請求自体をしなかった。

 しかし、いずれのケースも学校が警察に通報し、校門前でのビラ配布者がすぐ逮捕されるという共通の構図だ。今年の卒業式では、校門付近に「許可を受けた者以外の入場はできない」と掲げた学校が多く、私服の警察官が待機している場合もある。「日の丸・君が代」の強制が進む中で、教育の場と警察との連携が強まっているともみられる。

 こうした現状に対して、松山大学の大内裕和助教授(教育社会学)は「強制は即刻やめるべき」との立場から、こう指摘する。

 「教育の場には強制はなじまない。先生が処分されないために生徒が立つというのは戦術としてはありうるかもしれないが、生徒が自分の意思を曲げてまでそうしなければならないこと自体が非教育的だ。『日の丸・君が代』の強制は、憲法一九条が規定する『思想及び良心の自由』に間違いなく反する。都教委は、学習指導要領に基づいて適切に指導する、という理由を錦の御旗にしているが、指導要領が憲法や教育基本法を超えていいはずがない」

 都内の有権者を対象にした昨年七月の東京新聞の調査では、教職員への起立義務づけについて、「行き過ぎ」「義務づけるべきでない」と否定的に答えた人が合わせて七割に達した。

 大内氏は強調する。「多くの都民が反対している以上、今のようなやり方はやめるべきだ。卒業式だけの問題ではない。自分の思想信条に基づき『したくない』と思うことを一律に強要することで生徒と教員、あるいは教員同士の信頼関係を壊し、学校現場を荒廃させているだけではないか」


 

こんなビラも

 投稿者:通行人n  投稿日:2005年 3月12日(土)10時48分22秒
   本日はご卒業おめでとうございます。

 日本国憲法は、「思想及ぴ良心の自由は、これを侵してはならな
い」とし、教育基本法は、「教育は、不当な支配に屈することなく、
国民全体に対して直接責任を負って行われるべきもの」としてい
ます。

 ところで、ご存知のように、「日の丸・君が代」に関しては、個人
の「思想・信条」「宗教」「歴史観」や「国籍」などに深く関わつて、
様々な意見があリます。学校はこうした違いを認めあえる場でな
くてはならないと私たちは考えています。また多くの人が、「日の
丸・君が代」を学校に強制することを「行き過ぎ」と考えていま
す。「思想・良心の自由」は保護者・生徒の皆さんをはじめ、卒業式
のすべての参加者に保障されなければなりません。

 卒業式について、教育委員会が、そのやリ方を細部まで定め、「命
令」や「処分」の脅かしで、「日の丸・君が代」を強制しようとする
のは、憲法や教育基本法の理念に反するものです。

 私たち教職員は今後とも、都立高枚の教育に責任を持ち努カして
まいります。
 卒業生の皆さんの新しい生活がより良きものとなることをお祈りい
たします。
 

こんなビラも、もらいました 

 投稿者:通行人n  投稿日:2005年 3月10日(木)11時06分56秒
   卒業おめでとう! きょうの卒業式、とっても重要です。

 知っていますか? 去年の卒業式と入学式で、都立高校の先生248
人が不当な処分を受けました。9人の先生はクビになりました。「日の
丸・君が代」の強制に反対して、「君が代」を立って歌わなかったから
です。私たちは、処分された先生たちはけっして悪くない、間違ってい
ない、校長や東京都教育委員会が悪いんだと思っています。
 近年、学校で「日の丸に向かって、君が代を起立して歌うこと」が強
制されるようになりました。町田市では、大きな声で「君が代」を歌っ
ているか調査しろ、とまで言われています。「君が代」を歌わないで、
生徒たちが選んだ曲を歌うのはけしからん、という風潮にされていま
す。「これは戦前と同じだ」「軍国主義の時代の教育にもどすぺきではな
い」と、抗議の声が今あがっています。

 「君が代」は現代用語に直すと「天皇の国」という題名になります。
だから「君が代」を歌えと強制するのは、天皇の写真に敬礼させ、天皇
万歳を叫ばせて子どもたちを戦場に送り出して、いった、かっての学校を
想起させるのです。
 しかも昔の話ではなくなっています。アメリカ軍によって10万人以上
の人々が殺されたイラク戦争が続いています。そこに武器を持った自衛
隊が派遣されています。日本の経済界(大金持ちの集まり)も憲法9条
を変えろと言い始めました。アメリカ陸軍の司令部を神奈川県に移すこ
とや、自衛隊がアメリカ軍と一緒に動く体制にする計画も進められてい
ます。政府は本気で日本を「戦争をする国」に変えようとしています。

 先生たちは、戦争に反対だから立って歌わないのです。教え子を再ぴ
戦場に送らないために、不当で違法な強制とは闘うのです。
 きょうの卒業式で、勇気ある先生たちを応援してください。そして皆
さんも、一緒に行動してください。私たちは、学校への「日の丸。君が
代」強制を許さず、教育墓本法と憲法を改悪する動きに立ち向かって闘
い続けます。

 不起立・不服従の先生を応援してください。
 

3月13日(日)、町田でパレードが

 投稿者:通行人n  投稿日:2005年 3月 9日(水)03時18分49秒
   以下のビラを紹介します。

 今春の卒業式・入学式で、町田市教育委員会は、「国歌に
ついては、他の歌と同様の声量で歌うことができるよう指導
する」との、通知を小・中学校長あてに出しました。

 このほか、「国歌は全員が起立し、斉唱するよう指導する」
などや、「舞台上は国旗・市旗以外の一切の装飾は行なわない
こと」などもいっています。

 卒業式の事前練習で「君が代」を「大きな声で歌いなさ
い!」と、子どもたちは何度も何度も強いられることになる
のです。それだけではなくこの通知文には、「強制的」内容
がたくさん盛り込まれています。

 子どもたちには、自分の頭で考えて、自分の言葉を持って
ほしい!けっしてロボットにならないでほしい!と、私たち
は願っています。そのためには何としても学校教育は自由で
なくてはなりません。

 私たちの未来を託す学校が、子どもたちも教職員も自由に
ものが言えない場所であるならば、この国はいつか来た道を
たどることになるでしょう。


卒業式・入学式は子供たちのものです。
 こんなのぜったいにおかしい!
  こんなのぜったいに許さない!
   みんなで、声をあげましょう!
 子供たちの心に 自由をとりもどそう!

13時30分 森野公園(町田市民ホール脇)にて 集合
14時   市内抗議パレード 出発
      原町田病院脇の「わかば公園」解散
★パレードを楽しくするため
に、鳴り物・プラカードなど
各自、ご持参いただければ
嬉しいです。
 

T板から転載します

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 3月 6日(日)19時07分26秒
  こんなことも考えてみては 投稿者:九郎政宗  投稿日: 3月 6日(日)03時08分34秒

▼ 【アイデア】日の丸・君が代の強制を無効化するアクション!
コンテンツ http://ch.kitaguni.tv/u/8016/%a1%da%a5%c6%a5%f3%a5%d7%a5%ec%a1%db/0000187681.html
コメント先はhttp://d.hatena.ne.jp/claw/20040618#p2 

・卒業式にはマスク着用。「君が代を歌え」と強制されたら、「風邪で声が出なくて歌えません」のジェスチャーで拒否。
・卒業式で日の丸に起立させられたら貧血で倒れる。一種のダイイン。
・「君が代」斉唱の直前に、ヘリウムガスのスプレーを吸入する。「スイマセン、カゼヲヒイテコエガオカシインデス」とアヒル声でガーガー大合唱。
・君が代日の丸が顔を出すたび、どっとトイレに立つ・・・これも「行為自体は法律違反でもなく、行為自体を法律で禁じることもできない」。ただちょっと地味なんだよな。
※大事なことは、「どんなに教育委員会が顔まっかにしても、違法行為や処分対象とみなすことはできない方法」を使うこと、そして「抗議の意志が明確に伝わる方法」であること。
要はいかにして弾圧の「犠牲」を出さず、しかもオモシロく抗議を行うかである。

・キャッチコピー案
「生徒が起立しなければ、校長が処分される。
 生徒が「君が代」を歌わなければ、教師が処分される。
『強制はよくない』と言っただけで、PTA会長は脅迫され、辞任させられた。 
 こ の 『くそゲーム』(@『バトル・ロワイアル』)を、 
 ぶ っ こ わ せ!」

http://d.hatena.ne.jp/claw/

 

大学生によるビラも

 投稿者:通行人n  投稿日:2005年 3月 3日(木)14時59分30秒
  同時配布の大学生のビラの方も、以下に引用しておきます。


みなさんは、この事実を知っていますか。
*「不起立」のみを理由にして、300人余の先生を懲戒処分、9人の先生を解雇。
*大量の教育委員会職員が生徒や先生を監視。歌わない先生・歌っていないクラスの先生はクビだと脅す。
*町田市は「大声を出しているか」チェックする声量調査を実施。大声を出さないと「指導力不足」と処分
*「日の丸・君が代」に反対する先生が、通勤に2時間半もかかる高校に移動させられる卑劣な嫌がらせ
*ある高校では「卒業式でスライドの上映と『卒業の歌』の合唱をやりたい」という生徒の申し出を校長が禁止
*「日の丸・君が代」問題を扱った雑誌のコピーを配布しただけで『卒業式を妨害した』と刑事告訴
*校長が、警察を呼んでビラ撒きを妨害

「ビラを撒いただけで警察を呼ぶなんて戦前と同じだ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「日の丸・君が代」の次には、まちがいなく私たちに「国のために命を捧げよ!」、虐殺せよ、犠牲になれ、ということが強制されます。こんな命令に従えますか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
石原都知事のやり方は、戦前の軍国主義教育をモデルにしています。天皇の写真に敬礼させ、天皇陛下万歳を叫ばせ、子供たちに訳の分からないまま『忠君愛国』の精神を刷り込む上で、絶大な効果を発揮したのが学校儀式でした。従わない生徒、少しでも枠からはみ出た生徒は、徹底的に殴られ、最後は戦争動員されていったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「日の丸・君が代」が学校行事に導入されたのは1890年代。朝鮮・中国への侵略戦争と表裏一体でした。
 「君が代」の歌詞は「天皇の治める世が永遠に続くように」という意味です。日本を神聖不可侵な神(=天皇)の国と絶対化し、従わないものは抹殺するというイデオロギーの下で、2000万人のアジア諸国の人々・300万人の日本人が殺されました。
 石原都知事は、侵略戦争の歴史を正当化し、再び軍国主義教育を復活させるために「日の丸・君が代」を学校のよみがえらせようとしているのです。
 

高校生が配布していたビラ

 投稿者:通行人n  投稿日:2005年 3月 3日(木)15時12分52秒
  本日の昼休み、某高校前の路上で手渡された高校生作成のビラから引用します。(若い力の頑張りには、ホント勇気づけられます)

 
 今、私たちの卒業式に大変な問題が起きています。「日の丸・君が代」の強制問題です。
 石原慎太郎都知事は、私たちに「日の丸に向かって起立せよ」「君が代を大声で歌え」と命令しました。全員が日の丸に向かうように、フロアー式の卒業式も禁止されました。
 卒業式では、たくさんの教育委員会職員が私たちや先生を監視します。もし立っていない、歌っていない人がいたら「その場で式を中断し、その者を適正に指導するように」とも命令しました。そして従わない先生は「命令違反だ」「指導力不足だ」といって処分し、クビにすると脅しています。
 こんな命令に従うわけにはいきません! 卒業式は私たちのものです。石原都知事のものではありません。こんなやり方は絶対におかしい!
(中略) 
 私たちは、ただ命令されるだけの存在ではありません。一人ひとりが自分の意思を持ち、自分で考え、自分で判断する力を持った人間です。
(中略)
 国旗に向かわせ、国歌を歌わせることによって、私たちに「愛国心」を植えつけ、国の命令に忠実に従う国民を育てるのが目的です。
 つまり、日本を「戦争をする国」にするための「戦争教育」のスタートなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生みだす。お国のために命を捧げた人があって今ここに祖国があるということを子供たちに教える。これに尽きる」西村眞悟衆議院議員(教育基本法改正促進委員会での発言。04年2月)

----------------------------------------------------------------
「ある種の能力が備わっていないものが、いくらやってもねえ。いずれは就学時に遺伝検査を行い、それぞれの子供の遺伝情報に見合った教育をしていく方になっていきますよ」
江崎玲於奈(教育改革国民会議座長) 
 

なんで天皇を讃える歌を歌わされなきゃならないの?!

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 2月27日(日)02時44分51秒
   天皇と皇族合わせて24人のために使われる国費・血税は1年で184億4490万円。
 そのうち内廷費といって、天皇夫妻と皇太子一家の計6人が自由に使える私的なお金だけでも3億2400万円(聖域なき改革といいながら、軍事費や宮廷費が削減された話は聞いたこともないぞ!)。これは宮内庁や会計検査院が関知しない、検査義務もなく、あまっても返さなくてもよい、税金の一切かからない、手取額の言わばおコヅカイといっていいお金です(つまり、毎年3億円の宝くじに当たっているようなものということです)。
 手取額がこれぐらいということは、民間人なら年収150億円以上はあるということではないでしょうか。なぜなら、所得税も、豪華な宮殿の家賃も全国各地にある別荘地や農場牧場の不動産税も、多くの使用人の費用も、食費も光熱費も、諸経費もすべて無料だからです。
 
 質素に見える味噌醤油野菜や米でさえ、庶民がいくらお金を積んでも口にできないほど高価で貴重な有機農法・無公害の超特選安全食品です。食肉や乳製品を含めてそれが宮内庁所管の特別な農場や牧場から無料で直送されています。所有資産にいたっては胸が悪くなるのでもう書きませんが、世界有数の贅沢放題の公務員です。

 近親相姦・兄弟殺し・近親殺しの過去が歴然と言う家系は少ないでしょうが(家系で差別する気など私にはまるでありませんが)、それが尊敬される理由にもならないと思います。
 その一族や家庭内の権力争いを原因とする戦争に、ただ巻き込まれたにすぎない悲惨な犠牲者を先祖にもつ庶民が、そのことを尊敬の理由にすることもないと思うのですが。
 条件反射的にお上には頭が下げてしまうという卑屈な伝統も、残さなければならないようなものとは思えません。

 かくも科学的知識が広く共有され、教育水準が高いはずの社会にあって、科学的知識も教育も行き渡っていなかった、上下関係の下に人々を屈従させていた前近代の、少なくとも常に(お上は尊く、逆らうのは不遜であるという)反民主的支配構造の象徴ではあり続けていた天皇制が、それでもなお守っていかなければならない伝統だ、とは私には思えません。
 それを温存し続けることは、「人の上に人を作らず」という民主主義にとって、根本的な背理・躓きの石を残し続けることだと私は思います。

 世界で最も古い血筋だから、などとお馬鹿なことを言う人もいますが、生命の誕生以来一度も途切れず連綿と続く血脈の果てだからこそ、あなたも私も天皇も現在に存在しているのです(つまり、あなたも私も天皇も、ご先祖はともに名もない猿だということ)。
 「地球が直径2センチのビー玉なら、太陽は約2.2メートルのアドバルーン。その太陽は銀河の中で塵のように光る無数の恒星の一つ。そして銀河のような小宇宙は何千億もある。」「9万年前 黒人・白人・黄色人種等に分かれ始め、アジアの果てで 日本という島へと分化し始めたのは わずかに12000年前。38億年の地球の歴史を 一年のカレンダーでたとえるなら、人類が文明を持ったのは 12月31日午後11時59分からの1分間。」等の科学的事実を真に深く認識することによってでさえ、すべての個人は、伝統的な妄想や民族的桎梏から自由になり、そのような真実を認識できる意識を等しく持ち得る、この上なく尊い(あなたも私も天皇も等しく尊い)人間存在として、「人の上に人を作らない」民主社会をともに建設してゆく未来に開かれた主体として、「自己」を確立できるはずなのです。
 そしてそのような宇宙の中心に意識を持って存在するこの各「自己」個人こそ、人類史の上からはまるで浅いはずの各民族の伝統を超えた、民主主義の普遍性の根拠でもあるのです。
 
 ところで、天皇をはるかに尊い存在として民衆に仰がせるために考えだされた反民主的な儀式(日本の卒業式・入学式)の中で、日の御子である天皇の象徴と教えられた反民主的な旗を仰ぎ、そのような天皇がいつまでもわれわれの上に君臨してくださるようにという反民主的な歌を強制的に歌わされることに対して、本気で何の抵抗も感じないどころか、歌わない人を罵倒するという感性は理解できないな。まさか、自分が弱くて逆らえないから 逆らう勇気のある奴は許せない、というあのレベルと同じだなんてことは…

 
 

自・公・民の都議、都条例を否定!?

 投稿者:増田都子  投稿日:2005年 2月18日(金)00時21分59秒
  こんばんは。犯罪都教委&3悪都議と、断固、闘う増田です!本日、都議会文教委員会で、「土屋公献氏、鎌田慧氏、斉藤貴男氏、大野昭之氏」による請願「実施機関は、都議会議員個人に個人情報を提供してはならないことの確認を求める決議」の審議がありましたので報告します。(転載、大歓迎!)
 いやはや、とっても、おもしろくって(都議たる者の、あまりの法令感覚・人権感覚の欠落ぶりに!?)、笑い転げそうになって困りました。一番手の自民党の村上英子、二番手の公明党の野上じゅん子、とかいう議員ときたら、「都議会議員としての調査権に基づいて個人情報が欲しいから『都議個人に提供してはならない』なんて困る」みたいなことを、大まじめに言うんですから!? ま、当局とお約束済みなんでしょうが。都議が東京都個人情報保護条例を否定していることに、とんと、気が付きもせず、これで、本当に「大まじめ」らしく!?
  でも、さすがに木村陽治議員(共産党)の追及は、素晴らしかったです! そもそも都議会議員には国会議員と違い、『調査権』などというものは法定されていないこと、あるとすれば地方自治法100条に基づいていわゆる100条委員会が発動されたときであることなど、1時間半にわたり、舌鋒鋭くも諄々と追及。葛飾区の個人情報保護条例や古賀俊昭(自民党)の選挙区日野市の同条例を牽きつつ、追及されたのには、さすがの古賀も「よく調べているねぇ」と脱帽していました。特に、「目的外提供」を定義した個人情報保護条例第10条第2項が第一号から第六号まであり、その第六号は件の「六 同一実施機関内で利用する場合又は国、地方公共団体若しくは他の実施機関等に提供する場合で、事務に必要な限度で使用し、かつ、使用することに相当な理由があると認められるとき。」ですが、これは五号までの原則的事項(例えば「本人の同意があるとき」等)に付け加えた「その他」に当たるものであり、これを「等」イコール都議会だからと、当然、都議個人に「自由裁量」で「個人情報の提供」が許されるなどと拡大解釈すれば、条例で「個人情報保護」を定めた意味が全く無くなることを明瞭に示されたのには、答弁の生活文化局も、しどろもどろで、聞き取れないほどのささやき声でした。何しろ、管轄局であるにもかかわらず、この「条例制定時の論議を知らない」と答えざるを得なかったんですから・・・
  また、東京弁護士会が七生養護学校性教育事件に関して都教委に出した警告書を、都教委に情報公開請求したら、なんと、新聞にも出ている東京弁護士会の会長名を墨塗りで「提供」してきた、と、私の個人情報については三都議には全く墨塗りなしの「完全開示」したことと並べて出し、都教委の「情報公開」の恣意性を追及されたのには、胸がスカッしました!
  しかし、木村都議の追及の鋭さに、民主党の土屋の仲間である花輪ともふみとか、自民党の面々のヤジがうるさくてたまらず、傍聴者の一人が「あなた達、都民の税金で食べてるんでしょう。真面目にやりなさい!」と思わず美声で呼びかけたら、花輪達が「つまみ出せ」と騒ぎ出し「理事会」の臨時動議が可決されて、理事会の協議の結果、結局、この傍聴者の方が、議場から排除されてしまいました!?
 そして、これを採択すると、賛成は木村都議、福士敬子都議(自治・市民93)、山口ふみえ都議(生活者ネット)の3名で、つまり「選良」に値するのは、文教委員13名(委員長を除き)この3名のみで、残り10名、つまり、花輪(民主)、野上、村上、古賀、臼井たかし(自民)、石川芳明(公明)、遠藤衛(自民)、山本賢太郎(自民)、小林正則(自民)、比留間敏夫(自民)は選「不良」!? であることを暴露しました。最も、この選不良たち、ニタニタ喜んでおりましたが・・・
 近日中に、この議事録がインターネットに公開されると思いますので、皆さんも是非、お読みいただき、都議会の選不良たちの法令感覚各欠落レベル、人権感覚欠落レベルをご確認ください!
 

詩2編

 投稿者:さまよふ海月  投稿日:2005年 1月17日(月)13時39分8秒
  1「花の騎士の言葉」 

 
 たとえ どのように強大で恐ろしい敵を 打ち負かしても
 それが どのような輝かしい勝利 であったとしても
 そこに 愛がなければ 何の意味もない…


今 君は 

若き友よ

高く 飛べ

より遠く より多く
見るために そして

大地の深さを
知るために…



2「弥勒」 


人もまた 自然なら 何ゆえ かくも 痛ましいのか


56億7千万年後に すべての衆生を救うために 弥勒は現れるという

この痛ましさは どうしても 救われねばならない
だから 必ずや いつか 弥勒は現れるだろう

いつか必ずや現れ いつか必ず救われることが 確実なら

弥勒が現れるか 現れないか 
もはや どうでもよい…

だから 弥勒は 現れなくともよいし
私は 弥勒の出現を信じないでいられる


これが 私の 信仰です
とても 奇妙 でしょう?



 

T板から転載します 2

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 1月15日(土)01時40分35秒
  一般納税者 さん(12月25日投稿)へ 投稿者:在日地球人 :12月30日(木)23時00分39秒

1、携帯を所有していないので、おっしゃる改行の件がよくわからないんです。ただし、便利すぎる機械のほうに合わせる気も余りありません。この5年ほど、電車の中で本を読んでいる若者がすごく減って憂えています。
2、民主主義がまるで分からない日本人のために文部省が、1948年に刊行し、全国いっせいに中学校の副教材として使用したとても基本的で分かりやすい『民主主義』という本には、以下のような記述があります。『(民主主義者は)国家のためということを名として、国民の尊厳な自由や権利を踏みにじることに対しては、あくまで反対する。国家は、社会生活の秩序を維持し、国民の幸福を増進するために必要な制度であってこそ重んぜられるべきである。』『民主主義が最も尊ぶのは、個人生活の完成であり、すべての個人の連帯・協力によって発達していくところの社会生活である。国家は、さような社会生活の向上・発展を保護し、促進するために存在する政治上の組織にほかならない。』国家主義者にはとても理解できないでしょうが、これが、民主主義の常識というものです。「思想なんて新しければ良いってもんじゃないだろうに。ちょっと程度低いですね。」いい事おっしゃいますね、そのとおりです。戦後すぐに新渡戸稲造の弟子たちが参加して作り上げたこの副読本ですが、現代のユーロを主導しているハーバーマスらの思想とまるで変わるところはありません。本物は古びないのです。ちなみに、弱者にこそ政治は必要と考える私も、彼と同じで無政府主義ではありません。常識も「わきまえた方が宜しいかと思います。」
3、「命を賭けて戦った人と未来ある若者にカルト思想を吹き込む人をいっしょにする時点でナンセンスですね。糞味噌一緒にしてはいけませんよ。」このような右翼特有の独善性と幼稚性が、同じ日本人として恥ずかしいと言うのです。ヒットラーの手先となってユダヤ人を大虐殺した軍人は、ナチスにとって愛国者でしょう。彼らこそ亡国の徒(糞)であり、勇気を持ってナチスに反対し、職も年金も奪われついには家族ともどもガス室に送られた何万人もの思想犯たちこそ、真の愛国者だと見る見方もあるのがどうして理解できないのですか。ドイツの戦後補償は、このような人たちや空襲の被害者も対象にしています。高い軍人恩給を払うことしか念頭になくそれ以外の自国民への戦後補償をほとんどしていない日本とは雲泥の差です。さらに外国籍のナチスの犠牲者には探し出しても補償しています。従軍慰安婦他 門前払いの日本とはまるで違うでしょう。絶対的な国家元首であり軍の最高元帥でもあった人に責任すらとらせなかったの日本と、どちらが「あれほど卑怯なやり方は無い」と言えますか。どこにも通用しないような独善性で日本人を辱めるあなたこそ「まさに亡国の使徒ですね。」
4、「国家主義者・民族主義者が戦争や虐殺事件をおこします。」と申し上げたのは、思想の左右を問わず、組織性最優先で個々の人権を蹂躙し暴走する、考え方・あり方が、虐殺事件を主導していくのですが、それこそはもともと国家主義・全体主義の矛盾もない純粋な本質だからです。

ご口調をまねしてみたために、またまた表現がきつくなってしまったことを、お許しください。次回こそまともになろうと思います。   編集済
 

T板から転載します

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 1月15日(土)01時27分48秒
  一般納税者 さんへ 投稿者:在日地球人  投稿日:12月23日(木)23時08分15秒

1、「公費で生活しながら日本国に損をさせる」ですか。
次から次へと、ほんとアナクロな人ばかりだなあ。
典型的な国家主義者の発想が根底にありますね。
あなた、国家によって国民は生かされていると、思い込んでいるタイプではありませんか(たぶん時代錯誤の高齢者か、でなければその影響を強く受けていらっしゃる)。
民主主義者なら、「人々によって国家が成り立つ。国家は人々を幸せにする機関・道具に過ぎない」と考えます。人々の様々な労働によって社会も国家も成り立っています。労働の対価としての賃金も退職金も当然なことではないですか。「国に損をさせる裏切り者は、退職金、恩給の類は一切受け取るな。」ですって(バブルの責任者の自民党とその支持者や、<満州は日本の生命線だなどとほざいて破局の道をたどらせるなど>あの亡国の侵略戦争を支えながら高い軍人恩給をもらっている人はさぞかし青くなるでしょうね)。これと同じ台詞をはき実行した人が約70年前にいました。ナチスのヒットラーです(彼に反対する思想の持ち主たちを圧殺したわけです。あなた自分がいかに危険な発想の持ち主かまるで分かっていませんね。こうゆう人が一番怖い事件を冒すのです。)。
2、自国の恥をさらすのは、反日だ。こんな、幼稚な発想しかできないから、亡国の道をたどるのです。過ちを、まず隠そうとするのは確かに自然な感情で、小学生なら最初に考えることでしょう。しかし、本当の大人なら、それを認め謝罪し償おうとするものです。
 ドイツでは、どこの学校でも先の大戦における自国の過ちと加害性を、学校で徹底的に教えますが、中3ぐらいの段階では、第2次世界大戦でのことだけで、一冊の厚い教科書があり、さらにそれ以上の厚さのある残虐な加害行為の写真集まで副教材に使い、丸一年間をかけて徹底的に自国の過ちと加害の歴史を教えます。これはほんの一端にしか過ぎず、自国の罪を暴く多くの博物館等の建設・徹底した被害者の探求と補償、こうしたきわめて道徳性の高い政策を戦後一貫して行い続けることによって、周辺諸国から高い信頼と尊敬を勝ち得、ユーロの指導的立場を任されるに至っているわけです。
 ひるがえって日本の教育はどうでしょう。中学でも高校でも、第2次世界大戦の授業は、平均して1ヶ月以内、あなた方の圧力もあって、加害の歴史もしっかりと教える増田先生のような方はごく稀です。教えるのは戦争被害の悲惨さばかり。もっと恥ずかしいのは、人のふんどしを借りるみたいに、やたらナチスのことだけは教えたりします。自国の罪の情報を大量に公開し流し続けてくれるくれるドイツの高潔さにしっかりおんぶに抱っこして、国家主義の恐ろしさの本質をあいまいにして、ナチスと戦争の恐ろしさを伝えるのみ。こんなことでどうして、もっとも大事なアジア地域だけに限っても信頼・尊敬される国になれるでしょうか。
3、どこの国でも、国家主義者・民族主義者が戦争や虐殺事件をおこします。彼らが敵対する相手こそ、実は同類の人間なのです。どうしてこうゆうことになるのかは、古い右か左かの図式では理解できないというのが、最新の思想です。この続きの論争をお望みなら、次はユルゲン・ハーバーマスによる解析を解説いたします。

またまた表現がきつくなってしまったこと、反省いたしております。これに懲りず、どうかまたご登場くださいますよう、お願い申し上げます。    編集済
 

秀逸なリンク集他を見つけました

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 1月11日(火)18時52分57秒
  とても参考になるリンク集等です。

http://www4.ocn.ne.jp/~aoitori/link.html

http://homepage3.nifty.com/hinokimi/

http://tokyo.cool.ne.jp/kunitachi/kyouiku/link.htm

http://www003.upp.so-net.ne.jp/eduosk/

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/shomei.htm

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/storymap.htm
 

T板から

 投稿者:在日地球人  投稿日:2005年 1月 5日(水)23時22分3秒
  リベラル派愛国者さんへ(新しい国旗・国歌の提案は?という問いに応えて)
投稿日:12月12日(日)00時11分55秒

1、まず広く公募して決めるという手順が必要でしょう。そのさい、民主国家にふさわしいか とか、近隣諸国や良心的な少数意見への配慮がなされなければ、この国の未来は大きくは開けないでしょう。このような公募がなされている間、とりあえず今の「君が代」の君は、現憲法制定以後は民主国家にふさわしく「あなた・君」の君、国民一人一人を指すのだというように、政府の公式見解を変更して、内外に示したほうがいいと思います。
2、国歌は「ふるさと」がいいという人は少なからずいますが、僕個人の好みを言ってよいのなら、「世界に一つの花」がいいと思います。(少なくとも民主主義の根幹である基本的人権の尊重の思想を底流にしている)あのような内容の詩であるべきだと思います。国旗の好みは、この掲示板のタイトルの背景の絵のような感じが好きです。宇宙からに見た青い宝石のような地球の絵、その中に図案化された日本列島があるという感じではどうでしょうか。
3、いずれにしろ、一番大切なのは、どのような国旗・国歌に決まろうと、強制、特に学校現場やその行事への押しつけだけは、すべきではありません。土屋都議の所属する民主党の政策集にあるように、あくまでも学習指導要領は大綱的基準であるべきであって(つまり最終的には現場の教育的判断が最優先される)、それも義務教育ではない高校についての学習指導要領は廃止する、というのがいいと思います。何故このように考えるのかは、次の (・∀・) さんへの文章もお読みください。


参考資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/11/09/990906i.htm (特に学校での取り扱いのところ)

■民主党政策集【6】教育・文化・科学技術
学習指導要領の大綱化
 地域・学校・学級の個別状況に応じて、学習内容・学校運営を現場の判断で決定できるよう、学習指導要領の大綱化と最低基準性の明確化を行い、現場裁量権を大幅に拡大します。また、高校の学習指導要領については速やかに廃止します。
<http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/manifesto/index/index.html>


編集済



--------------------------------------------------------------------------------
(・∀・)さんへ 投稿者:在日地球人  投稿日:12月12日(日)00時09分15秒


「民主主義は、教員が守るのか?」とお聞きのなったところで、前回のやり取りは終わっていましたね(ざんねんながら、F掲示板では僕の文章もすべて消えてしまいましたが)。
民主主義は、すべての国民の不断の努力によって守られるべき、と今の憲法に書いてあるとうりだと思います。教師・報道記者・裁判官は、政治権力から一定の距離を置くことが保障されなければらない、というのが民主社会に広く共有されている常識になっているのは、これらが支配権力の道具となるとき、もっとも強力な民主主義破壊の道具に堕してしまうからです。前に述べました、1966年のILO・ユネスコによる、『教師の地位に関する勧告』も同趣旨のものです。
基本的人権の尊重を最大の要としなければならない教師は、同時に記者と同じように国民に直接向き合って責任を果たす職責があるのです。ただしこれは多数決の優先ということではありません。たとえば多くの生徒・保護者が、あの子はユダヤ人だから、退学させろ、と迫っても、基本的人権の尊重をてこに、断固拒否しなければならないのが、教師の職責です。長くなりすぎると、最近の人は誰も読んでくれませんので、今日はこれまで、また書き込んでください。


 

Merry X'mas & a happy New Year 

 投稿者:さまよふ海月  投稿日:2004年12月31日(金)01時50分55秒
  クリスマスと新年にちなんで 今年作られた四つの詩を冒頭に掲載します。

投稿日:12月24日(金)01時22分48秒


第1の詩「信じるということ」

「人生は 多くの夢から成り立っている
   だから ひとつの夢だけを信じてはいけない」
     というのは コーランの言葉だったか…

もし輪廻転生を信ずることができたら
あらゆる他者を 自己の可能性のひとつとして見る 自分になれるだろうか
多くの命を犠牲にして成り立つ自分の幸せを 肯定できる自分になれるだろうか
どれほど許しがたい罪も 複雑なめぐり合わせの夢のひとつとして
許せる自分になれるだろうか
どんな敵をも 愛せる自分になれるだろうか
抱(いだ)けなかった多くの人を 抱きしめた自分として
認めることができるだろうか

もっとも深い悲しみの果てに
人は輪廻転生を信ずることができるかもしれない



第2の詩「Although I'm a child of the killers」  

私たちが 人殺しの子孫である以上 
踏みしめる道は 茨の道でないはずはなく
この生が 多くの生の犠牲の上に成り立っている以上
哀しみから 逃れようもない

それでも 私たちの犠牲になった生たちは
私たちが 憎しみ合うことも 殺し合うことも 望みはしないだろう
そんな存在の犠牲になったことを どうして望むだろう

生が喜びであるからこそ 哀しみがある
月の光に透きとおる レタスの生に 憧れても
レタスは やさしさと哀しみに 
引き裂かれた生に 憧れているかもしれない

八つ裂きにされて当然のわが身を思えば
この生はなんという僥倖だろう

私たちの過ちと苦難は 何万年も続くかもしれない
今よりも暗い時代は 何度でも訪れるかもしれない
それでも 平和とやさしさと正しさを求め
茨の道の上で 日々の幸せを見失わない
そんな命を 継いでいきたい



第3の詩「案山子と夜鴉 」


夜の風に吹かれて
黒いコートをはためかせ
帽子を深く押さえこんで 羽ばたくと
もう おいらは 夜鴉なのさ

鋭い嘴を鳴らしながら
「弱い者虐めをする奴はいないかあ」
「意地悪な奴はいないかあ」
「人をいたぶって平気な奴はいないかあ」
「そんな奴は夜毎の悪夢の中で八つ裂きにしてやるぞお」

夜空を旋回しながら 悪夢の渦を ふり撒いていくのが
おいらの 無上の 趣味なのさ

嗚呼 そんな時
遠くの荒地から奴の声が聞こえてくる
かっては宝石をちりばめた幸福の王子と
呼ばれたというのに 今は
惨めな姿を風にさらして立ち尽くす 案山子が  

悪夢なら私が
八つ裂きにされるならこの私が
私の中に あらゆる悪はあるから

この夜はすべての人が憧れる善き夢を
君にふり撒いてほしい
悪しきものたちの夜にこそ・・・

俺は声をなくし 夜の中を失速し
帰るべき巣を 捜して
今も 彷徨いつづける

襤褸をはためかし
丘に立つ 案山子よ!
十字架にかけられたような君を
忘れられない









--------------------------------------------------------------------------------
「昼も夜も 星空の下」 投稿者:さまよふ海月  投稿日:12月22日(水)12時35分8秒


昨日も今日も 雨が降る
微かに震える紫陽花は
雨雲の上の 大空の青さ

この青い惑星を包む 久遠の星空
これこそ忘れてはならない 不変のリアリティなのだ

巨大な地球が直径20センチの球体なら
最深海溝からエベレスト山頂までは約0.3ミリ
りんごの皮よりも薄っぺらなのが
私たちの生のリアルな空間

その地球が直径2センチのビー玉なら
太陽は約2.2メートルのアドバルーン
その太陽は銀河の中で塵のように光る無数の恒星の一つ
そして銀河のような小宇宙は何千億もあるという
これが大宇宙の真実

ホモサピエンスの誕生は、わずか20万年前
やがて9万年前 黒人・白人・黄色人種等に分かれ始め
アジアの果てで 日本という島へと分化し始めたのは 
わずかに12000年前

38億年の地球の歴史を 一年のカレンダーでたとえるなら
人類が文明を持ったのは 12月31日
午後11時59分からの1分間
これもまた普遍のリアリティ

国旗国歌を強制し 国境や優劣・身分の上下にこだわり 
ついには民族の名の下に殺し合いまでさせる
偏狭で矮小な妄想に 振り回されないで
在地球宇宙人のリアリティとともに
ヒトとして愛し合い 自由・平等に生きようよ

愛する地球は 一つの銀河の中でさえ
塵ほどにも目立たない 微小な惑星だけど
宇宙大の真実を見出す生命を育む
かけがえのない 青い宝石



(この詩の初出は、7月 5日。典拠資料は「地球はえらい」「宇宙」(ともに福音館書店)です。)
 

T板から転送いたします

 投稿者:管理人  投稿日:2004年12月30日(木)23時19分32秒
  板校保護者様へ 投稿者:@@@  投稿日:12月30日(木)21時57分12秒

一度きりとは言え、丁寧なご返答に、まずはお礼を申し上げます。
あなたが藤田氏の支援者としての立場から、また支援者を対象として投稿なさっていると分り、
私にとってあなたの投稿が説明不足に思えた理由をある程度理解出来たような気がします。
そういう事であれば、私の方からもこれ以上説明を求めるものではありません。
この問題に関して色々な人のご意見を伺っているうちに、さる掲示板でここを知った次第です。
ですから、この掲示板の主旨に対する理解が不足していたのかもしれません。

ただ、私はこの問題に関してかなり長く関わっておりますが、(関係者ではありませんが)
その関わった期間に考えるようになった事のひとつに、起立拒否に至った教員を擁護する方々、
またはその教員当人の姿勢に、この問題を一般世間に問うていこうというものが感じられません。
言葉に苦慮しますが、仲間内だけで固まってしまっているような閉鎖性を感じてしまいます。
これは、あえて卒業式で起立拒否に及んだ姿勢とはまるで反対の姿勢です。
もっと、異論、反論に対してに意見を述べる積極性、開放性があっても
いいのじゃないかと思います。
この問題に向き合う際の、個人の認識、知識、感性、感覚、も相互の意見交換の中で
より深まる場合も変化する場合もあるかと思います。
その事を思う時、この掲示板が不自由に感じてなりません。

以上、あなたの投稿が一度きりだとお伺いしたので、言論の自由や職務命令の適法性などに
関しては何も触れず、意見を差し控えました。またあなたのような姿勢というか立場の人が
殆どのようなので、私もこれからは投稿する機会が少なくなるかもしれませんが、
「うるさい人がいなくなった」と考えずに、異論、反論に再反論する機会が減った、
とお考え頂きたいものです。
出来得ればあなた方支援者の立場の方々が異論反論に対して正面から向き合う事を
望んで止みません。

とり急ぎ、支援者の方々の姿勢への私の感想とご返答へのお礼まで。乱文にて失礼しました。


失礼捕まりました。 投稿者:@@@  投稿日:12月30日(木)23時06分18秒

個人の自由権を優先させるべきではない→個人の自由権を優先させるべきだ。
 

皆様に

 投稿者:管理人  投稿日:2004年12月30日(木)03時57分11秒
   投稿者:管理人  投稿日:12月29日(水)21時31分28秒

 超多忙なこの時期に、例えば早朝6時からの約1持間に一人で54件も、機械的なソフトを使って同一内容の頻繁な投稿荒らし行為をするなど、きわめて卑怯な妨害がくりかえされ、対応し切れなくなりました。大切な過去ログもかなり消えました。おそらくアルバイトを使った、悪辣な都議の選挙活動の一環だと思われます。そこで、セキュリティのバージョンアップを考えざるを得なくなりました。
 先日、例の米長先生の番組を見ていましたら、彼は外部からは投稿できない自分の主張のためのHPを持ち、外部投稿には専用の掲示板を持っているがその中で私が応えることはしないと語っていました。さすがに将棋の先生、実に巧妙なアイデアですね。そこで早速見習うことにしました。
 F板と同様、このイマジンも私たちの主張のためのHPということで、原則として部外者の投稿はできないように設定しました。投稿された文章もいったん蓄積されたままになります。その後の採用と掲載は、原則として毎日22時前後に判断し行います。この点もご了解ください。
 異論反論等のご意見は、 http://8710.teacup.com/kurage/bbs のほうにお願いします。
 

(無題)

 投稿者:石頭  投稿日:2004年12月29日(水)22時46分10秒
  100件目、私がゲットです。  

岡田党首宛の抗議メール(12/25)

 投稿者:石頭  投稿日:2004年12月29日(水)22時44分28秒
  *ご参考までに(長すぎて一部略)*

 都内在住の無党派一市民です。連合所属の労働組合員でもあります。(前回参院選では、反小泉の思いを込めて民主党と蓮舫に投票しました。)
 私たちの町には、えらく評判の悪い民主党都議がいます。土屋たかゆきです。何が評判が悪いかというと、最近は街頭演説も聞きませんが、とにかく教員、組合の悪口のオンパレードで、これが連合などの支持を受けている民主党かと、耳を疑いました。
 最近、街に貼られたポスターに、岡田党首と並んだ写真がありました。来年8月8日に常盤台駅前広場で大演説会をするというものです。これを見て改めて、党首自らが応援に駆けつけるような議員なんだろうかと疑問に思いました。本当に岡田党首と土屋都議は政策が一致するのか。一体民主党の政策は、どうなっているのだろうと、そこで改めて、インターネットで民主党のHPと土屋都議のHPを比較してみました。

気付いたことを、2~3記します。

1,ジェンダーについて

●民主党政策集【2】男女共同参画社会
 性別役割分業を固定化しない(ジェンダーフリー)社会こそ、日本を再創造するカギとなります。
■土屋都議は、「ジェンダーフリー」という言葉が大嫌いなようで、各所で批判しています。「男女混合名簿」もジェンダーフリーの思想に基づくものと決めつけて、学校での使用を禁止しました。都議会議員の名簿や、国会議員の名簿も、男女別ではないようですから、悪しきジェンダーフリーに毒されているのでしょうか。ばかばかしくて話になりません。

2,教育について

●民主党教育基本問題特別調査会「21世紀の教育のあり方について(中間報告)」
 もちろん民主党は、一部の保守勢力が志向する「国家至上主義的」「全体主義的」改悪に反対です。
●民主党政策集【6】教育・文化・科学技術
 地域・学校・学級の個別状況に応じて、学習内容・学校運営を現場の判断で決定できるよう、学習指導要領の大綱化と最低基準性の明確化を行い、現場裁量権を大幅に拡大します。また、高校の学習指導要領については速やかに廃止します。
■土屋都議は、「学習指導要領」を、教育基本法や憲法より権威あるものと考えているようで、都立高校卒業式での「君が代斉唱強制」を強く迫り、300名を超える教員を学習指導要領違反で、処分に追い込みました。秋の園遊会で天皇陛下ですら「強制は望ましくない」とおっしゃった問題です。
 加えて、私たちの地元都立板橋高校卒業式では、不起立の生徒たちに向かって「立ちなさい」と罵声をあびせ、証拠写真(?)として携帯でバシャバシャ場内を撮影しまくり、参列者のひんしゅくをかっていました。
 また、教育基本法について、「アメリカ占領軍によって作られた教育政策で、占領政策の一環として作られたものである」と、民主党の反対する「国家至上主義的、全体主義的改悪」に賛成する立場を明確にしています。
 土屋都議の言動が、民主党の政策そのものであるとは、信じたくありません。

3,台湾問題について
●民主党政策集【8】外交・安全保障
 民主党は、台湾の一方的な独立を支持せず、同時に中国の台湾に対する武力行使については断固反対します。1972年の日中共同声明が前提となることは当然のことです。
■土屋都議は、・台湾の正名運動を支持します、・台湾は完全な独立国家です・早期に台湾との国交回復をすすめましょう、・日米安保条約発動の範囲であることを宣言すべきです、などと、台湾支持、中国否定の外交政策を公然とHPでうたっています。
 これも、民主党の政策に、真っ向から反している。どうして公認候補者なのか、不思議でたまりません。

 このように、彼は一貫して現行憲法や教育基本法を敵視し、貴党の基本政策を全く顧みることなく、己が右翼的政治思想のみに固執した議員活動を行っています。
 このような行為は、民主党に自民党とは異なるリベラルさを求める有権者の期待を裏切るものであり、貴党のマニュフェストにも真っ向から反するものではないでしょうか。
 都議選に向け、岡田党首が「大演説会」で、彼と肩を並べることは、有権者に大きな誤解を与えかねません。このような保守反動の政治家が民主党を名乗ることは、都市部リベラルな市民層を支持基盤とする民主党にとっても大きなマイナスではないでしょうか。
 もう一度、党首自らの手で、土屋都議の議員活動や政治主張をご確認なされて、党首自ら応援するに相応しい人物か否か、見直されることを祈念いたします。
 都議選でも、民主党が躍進することを、願っております。

平和を愛する一有権者
 

蓮舫宛の抗議メール(12/23)

 投稿者:石頭  投稿日:2004年12月29日(水)22時37分23秒
  *ご参考までに*

はじめてメールします。板橋区内に所用で出掛けたおりに、
路上ポスターで、板橋区選出民主党土屋たかゆき都議と、一緒の写真を拝見しました。
正直、目を疑いました。

同じ民主党だから、応援なさると思うのですが、
土屋たかゆき都議が、どのような人物で、どんな政策を持っているのか、ご存知でしょうか。

彼は、古賀俊昭(自民)、田代ひろし(自民)と並んで、右翼三都議と称されています。
97年~ 足立十六中。普天間基地を取り上げた平和教育を偏向教育と攻撃。
(北千住駅前での教師に対する攻撃街宣が名誉毀損にあたるとして、2003年最高裁で賠償支払い確定)
2000年 国立二小。小学生たちの校長への抗議を、土下座させたと誇張して攻撃。
2003年 七生養護学校。性教育を、「卑猥」と歪曲して、中止に追い込む。
2004年 都立板橋高校。卒業式に来賓として出席、君が代斉唱時に9割の生徒が着席したことに対し、「立て」と大声で怒鳴り続ける。その後、都議会で、教育長に処分を迫り、不起立・生徒への指導不足などで、300人を超える処分を引き出す。

ジェンダー・フリーを敵視し、東京都教委に、学校現場での使用禁止を命じさせた。
台湾問題では、中国を一方的に非難し、台湾を独立国家として承認することを宣言している。

そして、後援会には、
藤岡信勝(新しい歴史教科書をつくる会副会長)
高橋史朗(同上)
児玉久寿(日本を考えるMC東京会、日本会議東京都本部副議長)
倉林和男(英霊にこたえる会、靖国参拝推進運動)
河合一充(新興宗教キリストの幕屋)
山田惠久(国民新聞代表取締役、本宮ひろ志の「国が燃える」を攻撃)
など、そうそうたる右派人脈が、顔を揃えています。

蓮舫さんのことは、キャスター時代から、テレビで拝見しており、
すぐれた国際感覚、若々しい行動力と正義感、女性や子どもなど社会的弱者の視点など、とても共感を持っております。
ところが、土屋都議を支援すると聞いて、えっ!と信じられない思いです。
民主党にも、いろいろ幅があるようですが、それにしても、土屋都議の右翼的政策と、蓮舫さんのリベラルな政策が、一致するとはとても思えません。

また、このような都議を応援することで、蓮舫さんの清新なイメージに傷が付くことも心配です。
さらに申し上げるなら、このような右翼都議を公認している民主党は、選挙民・選挙制度・民主主義を愚弄しています。このままでは、支持基盤である都市部のリベラル層が逃げていってしまうに違いありません。蓮舫支持層と、土屋支持層は、全く違います。

ぜひ、土屋都議がいかなる人物であるか、ご自身でお調べになられ、
適切なご判断をなさるよう、衷心よりお願い申し上げます。
 

F板からの転載です

 投稿者:海月  投稿日:2004年12月29日(水)21時55分46秒
  F板から以下の記事を転載させていただきます。

ヴィルヘルム・テル~帽子と日の丸 投稿者:omoto  投稿日:12月28日(火)22時38分54秒

岩波文庫で、昨年6月再販されて(1929年から26版)入手しておいたのだが、
最近ようやっと通勤電車に持ち込んで読み出した。

冒頭の方に、次のような一節がでてくる。

口上者:ウーリー州の人民、この帽子を見よ。(略)
 これについて、代官の意思と賢慮は、次の如し。
 この帽子を敬うこと、さながら代官を仰ぎ見る如く、
 すべからく膝を曲げ、帽を脱して、敬礼を尽くすべし。
 これによりて、国王は、人民帰順の如何を知らんと欲す。
 いやしくも、この制令を軽んずる者は、生命を失い、財産を没収せらるるものなり。
職人甲:代官め、何と前代未聞のけしからんことを考えやがったのだろう。
 帽子に敬礼するんだとよ。
 おいおい、こんな馬鹿らしいことを聞いたことがあるかい。
石工親方:膝を曲げて、帽子を拝むんだとよ。
 まじめな立派な人間を、おもちゃにするんじゃねえか。

もうお分かりだろう。なぜ、引用したのか。
19世紀初頭のスイスを舞台にしたシラー原作の独文学の傑作である。
それが、19世紀末に開国して西洋の仲間入りを目指したどこかのアジアの国の
統治方針とそっくりではないか。
西洋の前近代と同じことを、わが国古来の伝統であるともっともらしく粉飾し、
人民を赤子扱いするとは、冷静に見ればカルト宗教と変わらない。
そして、それを強制する、下手な役者と阿諛追従する者たち。

まだ、有名なリンゴの場面は出てこない。
それを読んだ頃、再び投稿するつもり。
 

民主党・岡田克也代表と林房雄

 投稿者:7時  投稿日:2004年12月29日(水)18時15分38秒
  http://www.asyura.com/sora/bd4/msg/426.html
「林さんはもう駄目です。」
「え?」
「もうだめです。あの人、右と左の両方から金をもらっちゃった。」
林とは勿論、右翼の論客・林房雄である。
1970年・昭和45年の9月のある日、場所は銀座「浜作」
呼ばれて駆け付けた毎日新聞徳岡孝夫は『五衰の人』のなかで書いている。
「、、それまで私が見たことのない、世間の人が三島に想像したこともない、
投げ遣りな姿と言葉遣いだった。、、(林房雄に対する怒りは)執拗であった。
普段そんなに飲まない人が、少し自暴自棄に酔っていた。」
同席していたのは三島の実弟・平岡千之氏だ。
徳岡孝夫も千之氏も林房雄の背信行為を呪う三島の言葉を黙って聞いていた。
三島事件のおよそ2ヶ月前である。

http://www.asyura.com/sora/bd4/msg/426.html

 

抗議2

 投稿者:増田都子  投稿日:2004年12月27日(月)10時57分13秒
  民主党・岡田克也代表殿
                           都内中学校教諭・増田都子
 この意見メールに、私以外にもたくさんの批判が寄せられていると思いますが、貴党所属の、たいへん評判の良くない都議会議員・土屋たかゆきによって、私は人権侵害を継続反復して受けております。詳しくは拙著『教育を破壊するのは誰だ!ドキュメント・東京足立十六中学事件』(社会評論社)を是非、お読みいただきたいのですが、下記資料のように司法も都議・土屋が「人権侵害をした」と認定し、35万円の賠償を命令しました。しかし、この男は金だけは支払ったものの、謝罪要求をしても知らぬフリを決め込み、人権侵害という、この上なく悪いこと、人としての道徳・倫理に反すること(貴党の「基本理念」の「第4」は「『国民主権・基本的人権の尊重・平和主義』という憲法の基本精神をさらに具現化します」となっております)をしても、何らの反省もなく、道徳心の欠落を暴露しております。それでいながら「日の丸・君が代」の強制にだけは狂奔し、卒業式において、祝われるべき卒業生に『君が代を歌え』と来賓席から怒鳴るなど、教育を土足で踏みにじることに嬉々としております。
 下記資料に明らかなように、『平和教育を守る会』代表の大野昭之氏は、これまで貴党の基本理念に反して人権侵害を継続反復して実行しながら何の反省もしない厚顔無恥な土屋たかゆきという都議会議員に対して、調査の上、貴党のルールに基づき相応の処分を与えるよう、菅元代表や都議会民主党幹事長や海江田万里国会議員(秘書氏に会いました)らに請求してきましたが、全く、無視されてきました。
要するに民主党という政党は、党の『基本理念』に反する『人権侵害』を都議会議員などをしている男が実行してもまったくお咎めなし、ということでしょうか?それでいて「自由で安心な社会の実現をめざして」(貴党の基本理念のスローガン!)などと主張できるのでしょうか?貴党は、貴党所属都議・土屋たかゆきの人権侵害を公認しながら『自由で安心な社会の実現をめざして』いるのでしょうか?
貴代表の『まっすぐに、ひたむきに』(今回参院選スローガン!)という言葉が、単なる選挙目当てのカラ文句でないとおっしゃるなら、前任者たちとの相違を見せて、早急に調査の上、土屋たかゆきに相応の処分を与え、私・増田に謝罪させてください。岡田代表は無責任な前任者達と違うところをみせて、お返事をくださるものと期待しております。よろしく、お願い申し上げます。

 

蓮坊さんと岡田克也氏に抗議1

 投稿者:増田都子  投稿日:2004年12月27日(月)10時56分49秒
   この二人が、なんと、最高裁判所でも認定された、あの人権侵害男で、板橋高校卒業式を攪乱しながら、それを藤田先生のせいにして都教委に刑事告訴させた卑劣感である土屋たかゆきのポスターに笑顔で納まっていると漏れ聞いて、おさまらず、以下の抗議メールを、この二人に送りました。イマジンの皆さんも、是非、この二人に抗議メールを送ってください。
蓮坊様
岡田 克也様
 私は、貴党の土屋たかゆき都議に人権を侵害され、最高裁も「土屋たかゆき都議は人権侵害した」と認定しました。これにつきまして、私は、下記に示しますように何度も民主党本部宛岡田党首にメールを差し上げ、善処を要請いたしましたが、全く無視されています。その上、伝え聞くところによりますと、お二方様には、事もあろうに人権侵害都議・土屋たかゆきの|スターに一緒に笑顔で写っておいでとか!?信じられません。民主党の党首と国会議員は、「人権侵害都議」を肯定し公認し推薦することを笑顔で表明されたのですよ。この行為は、貴党の基本理念と全く矛盾するのではありませんか?
 今、私は、この土屋たかゆき都議による俗悪本の出版により名誉毀損・プライバシー侵害をされ、第2弾の糾弾裁判を提訴しております。特にプライバシー侵害については、土屋都議が都教委に対して、東京都公開条例違反・東京都個人情報保護条例違反、地方公務員法第34条(守秘義務)違反を教唆扇動して、私・増田の個人情報の漏洩を実行させ、彼自身も特別地方公務員としてこの3種の法令に拘束されるところ、これも3重に破る、という実に6重の法令違反という悪質さです。これについては、分別があれば中学生にも理解できる明確な犯罪行為です。地公法違反については、「1年以下の懲役または3万円以下の罰金」と規定されている犯罪です。残念ながら、これについては時効が完成していますので、告訴できないのですが、しかし、時効になっていても犯罪は犯罪であって、この事実は永遠に消えることはありません。
 もし、本当にお二方が、自信を持って、この「人権侵害男」土屋たかゆき都議を板橋区民に推薦なさると言われるのなら、直ぐに、この土屋たかゆき都議に対して、己の犯した犯罪を認めさせ、私・増田に謝罪させてください。この「ケジメ」がつかない限り、お二方は、「不法行為」と「犯罪」の加担者であることを、天下に表明することになりますが、「それでも良い」とおっしゃいますか?
 岡田党首には、全く、これまで何回も民主党本部に送った私・増田のメールを全く無視されましたが、今回は、必ず、ご回答をお願いします。

 

投稿者のみなさまに    

 投稿者:管理人  投稿日:2004年12月21日(火)15時18分3秒
  多忙な人々のつかの間の表現行為の場であるはずの私たちのクラシック・コンサート会場に、暇をもてあます悪質な荒らしが右翼特有の大音量による街宣車のように、機械的なソフトを使って頻繁に同一内容の妨害乱入行為を繰り返しています。おそらくアルバイトを使った、悪逆な都議の選挙活動の一環だと思われます。丹念に即削除すればいいのですが、スタッフが現在だれも超多忙状態で対応できません。無料で開放的な会場の特質を悪用した行為なのですが、のんびりとしたこの会場の雰囲気を壊すのもしのびありません。乱入者に、本当の自由とは何かということに対してなど、少しでも良識があればいいのですが、妨害が大好きなんですよ。そんなわけでとても残念なのですが、妨害の情況によっては特に公私共に多忙な1月中旬までは、断続的に会場を一時休止するかもしれません。ご了解ください。
 

/12